ビューティフル・ボーイの作品情報・感想・評価

「ビューティフル・ボーイ」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

4.6
“Everything?” “Everything.”
ドラッグに溺れていく息子と親身に支えるその父親。と家族。
支え続けた父親がたどり着いた一言が痛烈に胸に刺さります。
家族といえど違う自我を持ち、自分の意思で立って生きている。
綺麗事でも理想論でも崩せない問題を目の当たりにしました。
ただただ、父親の深い愛と傷つけ合い肩を寄せ合う家族の姿に涙がとまりませんでした。
matsu

matsuの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

何回説得しても何回心を入れ替えようとしてもうまくいかず、その度に衝突の度合いは大きくなっていくけど、それでも「すべて」の抱擁や「愛してる」の言葉を欠かさない2人に、親子の愛情の深さをビシビシと感じた😔

ティモシー・シャラメの顔がよすぎて、溌剌とした青年っぽい表情も、薬キメてるときのちょっとヤバそうな表情も映えてた、顔がよすぎる〜と思ってたら『君の名前で僕を呼んで』の主演の子なのか…!

映像も光の使い方とかめっちゃキレイで、子供たちと遊んでるときの日差しとか水の煌めきとか、夜でも鮮やかな街の灯りとか、すごい美しかった
mo

moの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

そこまで期待せずに見たら想像以上に好きなやつだった…
カレンがニックを追って車を走らせるシーン、涙がこぼれた そうなのよ 家族とか愛とかって、血は関係ないの本当に

映像、音楽、衣装と部屋のスタイリング、ぜんぶがわたし好みで良かった
それから最後に、弟と妹がちょー可愛い
askr

askrの感想・評価

2.8
実話のヤク中更生物語。


こう言っちゃお終いやけど一回染まった奴は一生抜け出されへん気しかしないな。
あれはもうある種の病気やから。

だからなにがなんでも薬物には手を出さないことが最善。そりゃみんな分かってるかw


たとえ5年辞めれても10年辞めれてても、いつどこで衝動にかられるのか分からないまま一生苦しみ続けることには変わりない。

だからこそラストもハッピーエンドではないように感じる。
roro

roroの感想・評価

3.0
父親には響く映画かも。

あまり、記憶に残らない映画だった。
ティモシーよりもスティーヴカレルの演技に夢中になってしまった。
chanmai

chanmaiの感想・評価

3.0
重いテーマながら、所々のアート性が高い, NIRVANA使い方が良かった!
エンドロールは最後まで見ないとね。
vivalaviwa

vivalaviwaの感想・評価

3.3
ドラッグの出てくる映画は数多あれど
こんなにも露わに
それがもたらす根深く 抗い難い
真っ暗闇の世界は
初めてかもしれない

美しい光の世界にあっても
全開の愛情に触れていても
はまり込んだ闇から
抜け出したいと思っていても
ずぶずぶと引き戻されていく

ニックの感情の振れ幅に翻弄される

デイビットが写真を外したとき
どんな思いだったのかな…
ピピ

ピピの感想・評価

4.0
どこからフィルマークスしてないか曖昧になってきました。。

こちらはベンイズバックと同じく、薬物依存作品。
でもこちらの方が子供の頃から今まで、長くフューチャーしたおはなし。
だからわたしはこっちの方がお父さんとかに感情移入して観れたなぁ。

実話が元になっているからか、リアルすぎて悲しい部分もありました。親と子の関係ってすごいな。
Riko

Rikoの感想・評価

1.0
シャラメは美しいんだけどね😍
内容が納得いかなくて、家で観てたら途中でやめたかもしれない作品でした😔
>|