The Witch/魔女の作品情報・感想・評価

「The Witch/魔女」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.3
▪️Title :「The Witch 魔女」
Original Title :「The Witch: Part 1 - The Subversion」
▪️Release Date:2018/11/03
▪️Production Country:韓国
🏆Main Awards : ※※※
▪️Appreciation Record :2019-253
▪️My Review
いやぁ、めちゃくちゃ面白い!!ほんと、度肝を抜かれました。改めて韓国産バイオレンスアクションの底力を見せつけられた気分ですね!!監督は私の好きな作品『新しき世界』を手がけているパク・フンジョンで、“最強アサシン”として生み出された少女・ジャユンの想像を絶する戦いを描いています。
とにかく、前半と1時間7分を経てからのアサシンとして覚醒してからは主役であるジャユンそして、物語りが全く別物になってしまうのが見ものです!!
前半は、ジャユンはどこにでもいそうな“平凡な女子高生”として描かれています。そのくだりだけで作品の前半部が淡々と過ぎていきますが、友人も泊まりにきていた夜に武装チームが来襲したことでムードは一転。追い詰められたジャユンは何かのスイッチが入ったように頭に突きつけられた銃で素早く反撃に出ると、武装チームを“瞬殺”してしまいます。ジャユンという本来のキャラクター性が瞬間的に爆発するこのシーンは鳥肌ものです。
そして、戦闘シーンも最後!!青年クィ・ゴンジャとの戦いです。『新感染 ファイナル・エクスプレス』での好演が記憶に新しいチェ・ウシク演じるゴンジャも、ジャユンと同じアサシンとしての使命を背負っており、ラストバトルはそんな“能力者”同士の激突が描かれるのでその熱量は半端なく、VFXまで駆使した圧巻の異能バトルがこれでもかと展開される様は興奮度が凄まじいですね!!
さらに脚本の妙味!!実は脚本の妙は既にこの前半パートから現れています。彼女が中盤で覚醒するのが作品の転換点のように思えますが、作品に巧妙に仕込まれた伏線は前半でこそ静かに息づいており、後半で初めて“それ”が明かされたとき本当の意味で驚愕しました!!
ジャユン演じたキム・ダミの演技がまた素晴らしいです。
繰り返しになりますが、本作は前半で描かれる普通の女の子としてのジャユンと、覚醒後のジャユンという真逆をいく二面性が物語のポイントになだています。前半のジャユンは片田舎にいそうな平凡な女子高生としてのオーラがすごいですし、覚醒後のジャユンといえば余裕の表情すら浮かべながら敵を血祭りにあげていて、戦闘を楽しんでいるような、格の違いを見せつけ痛めつけることを満喫しているような雰囲気すら漂わせている演技は驚嘆に値しますね。
とにかく早く続編が観たい、そんなとても面白い作品です!!

▪️Overview
「新しき世界」のパク・フンジョン監督が最強アサシン少女の戦いを描き、韓国で大ヒットを記録したバイオレンスアクション。ある特殊な施設で育てられ、8歳の時に逃げ出したジャユン。記憶を失った彼女は、助けてくれた酪農家の娘として暮らすことに。それから10数年後。頭に異変を感じるようになったジャユンは、その手術費用と経済状況の厳しい養父母のため、賞金目当てでオーディションを受けることを決意。しかしテレビ番組であるマジックを披露したことから、謎の男たちに追われる身となってしまう。出演は「嘆きのピエタ」のチョ・ミンス、「サスペクト 哀しき容疑者」のパク・ヒスン、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のチェ・ウシク。「のむコレ2018」(18年11月3日~、東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋)上映作品。
kimika

kimikaの感想・評価

5.0
最高にクソな作品
韓国のアクションということでハードルを下げていたおかげか、単純に滅茶苦茶面白かった。
これぞカタルシス。
おこげ

おこげの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

主人公が漫画で途中から出てくるサイコパスな悪役だけど悲しい過去があって人気があるタイプな気がします。
主人公のジャユンが種明かしする前までがサスペンス調で引き込まれた。
家族と友人のシーンは不安もありながらも絆を感じる強さがあり、友達はジャユンに恐怖を感じながらも、ずっとジャユンの味方で感動した。
病院で父親がジャユンの危険性を知っていたことには驚いた。
父親が「体に気を付けろ」「遅くなるなよ」と目も合わせずぶっきらぼうだけどジャユンを想ってくれていることにグッときた。
彼女は絶対にこの家族の元には帰って来ようとすると確信ができた。

この映画は家族/友人パートは演出も芝居も優秀だけど、敵のシーンが冗長に感じたし敵のB級感に冷めてしまった。
ストーリーが面白いだけに少し腹が立ってしまう。敵をもっと本格的にしてほしかった。まず言いたいのが強そうに見えないし結果強くない。なんのギャップもなくてつまらない。
敵パートだけ作品のテイストが違くて、アメリカのアクションコメディのヴィランズの香りがする。
それと女性のマッドサイエンスティストみたいな人は浮いていた気がします。
一番過剰な演技を求められる役どころではあったのかもしれないけれど芝居が下手にみえた。刺されて悲鳴をあげるとことか勘弁してほしい。
青っぽい目と髪は、最後に出てくる妹と差別化したかったのだろうけど良くなかった。
同じ人が一人二役するのもとても苦手。
敵の若手の筆頭みたいな男の人も役が荷重そうだった。
ただ、主人公たちが戦うシーンはとても見応えがありました。

二部もあることに驚いた。
ヒットした作品と聞いていて期待していた分肩透かしだったので、その分評価が低くなってしまいました。
saodake

saodakeの感想・評価

3.8
途中までかなりだるいけど映画って最後まで見るもんだねぇ。
主役の子が可愛くてとてもよかった!
ただ敵のあいつがブサイクだし強そうに見えないしで微妙だった…。
韓国で話題になっていたらしい映画。
主人公は子供の頃の記憶を失った少女が、とあるテレビ出演をきっかけにかつての組織から狙われるという話。
飽きずに最後まで観ましょう。

このレビューはネタバレを含みます

過去の記憶がなく普通の女子高生として過ごす少女ジャユンに謎の組織が忍び寄る。少女が覚醒したとき、全ての謎が明らかになる。
これまでのサイキックものでも出色の出来で、近年だと『クロニクル』を見たときの興奮に近い韓国版『アキラ』として金字塔的作品になるかもしれない。
やはりためてためて溜まったフラストレーションが一気に爆発する1時間7分の覚醒シーンのアドレナリンは凄まじく快感に近い高揚感があった。
戦時中の実験で子供たちを育成するX-MEN形式の設定もオカルト心をくすぐる。
原題でネタバレしてるが続き物でラストに登場したのは主人公の姉?
今回は覚醒したジャユンが余りにも強くて他が相手にならなかったので、次作で更なるサイキッカー達が現れるのどういう展開になるか楽しみ。
前半と後半のジャユンの表情の差が魅力的。
【覚醒】

「レベルが違う。」
まさか、その言葉を映画で聞くときがくるとは。。。

前半のグダグダ部分さえ耐えれば後半覚醒後のアクションシーンですべてが昇華する厨二病り患者にとってのご褒美映画。
これに続編があるのかと思うと、よだれを出さずにはいられない。

ある施設から逃走した少女が高校生となったころ、その出生が明らかになると共に組織から命を狙われる話。

遺伝子改造の結果とはいえ超人的な魔女となった主人公の圧倒的戦闘力が本作の見もの。
アベンジャーズの一員としても十分にやっていけるだろう。

本作では同様に施設で育てられたグループや、組織側の人間・殺し屋と様々な思惑が交錯してくるところも面白い。

特に、施設で育てられた黒づくめのグループのかっこよさ。
もう少しその強さをアピールしてくれるシーンがあるとなおよかった。

まじでレベルが違う。

傑作。

※ただしクチャラーお前だけは絶許。
必要だった?クチャラーの描写。

2019.10.16
>|