神と共に 第二章:因と縁の作品情報・感想・評価

上映館(4館)

「神と共に 第二章:因と縁」に投稿された感想・評価

ニニ

ニニの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

私もヘウォンメクに後ろから手取り足取り弓矢の引き方を教えられたい人生だった。

一章のレビューを書く時、二章でもっと書くことが増えそうな予感から温存しておいた彼。
この役、本当にチュジフンの当たり役!
チュジフンといえばドラマ『宮』の皇太子シンくん・大麻・ガインちゃんのイメージだったけれど、軍服務などの禊も経て、俳優さんとしてこんなに見事に復活を遂げていたなんて。

元々のクールなハンサムだけじゃなく、使者パートで見せるアホっ子のコミカルさ、キレのいいアクション、1000年前の有能な武人時代の知的さにワイルドさ。
キャリアを重ねて、歳も重ねて、振れ幅すごい……!

何も知らずに出会って心を通わせた相手が憎き親の敵…!!て展開、少女コミックで私とっても見たことある。
完全にファンタジー系少女漫画の世界。
でも個人的には三使者の間に男女関係は有って欲しくなくて、1000年前のヘウォンメクがドクチュンちゃん達を助け罪悪感に苦しんだのは異性としてじゃなく父性であって欲しい。
ヘウォンメクが絶命時いくつだったのかわからないけど、ドクチュンちゃん実際は18歳でお年頃の設定とはいえ見た目年齢がもっとだいぶ幼い子供にしか見えなかったし……。(1回目鑑賞時)
一先ず決定的なロマンス演出はされなくってホッ。(2回目観た後は、もし仮に二人がそういう仲ならまぁそれはそれでいいやという気持ち。)
※韓国で出版されたシナリオ集によるとヘウォンメクは30代初頭の設定だった!
ちなみにカンニムは30代中盤。

生前は兄を焦らせるほど優秀だったはずのヘウォンメク、記憶を消されたせいでアホの子になっちゃったのかな?閻魔様が加減を間違っちゃた??……と思いながら観ていたけれど、2回目を一緒に観た私の妹が「閻魔様の中の人が実は兄弟の父だから、兄弟2人が仲良く過ごせるように、お兄ちゃんが弟を可愛がれるようわざと賢さ低めに設定したのでは?」と言っていて、それも一理あると思った。

マドンソク演じるソンジュ神が生前画工だったという設定が、幼な子のための壁画を描く以外に冒頭に述べたシーンへの導入となるパラパラ漫画にも巧妙に生かされていて唸った。
その漫画、売って欲しい。

一章から一貫して、弟スホンの飄々とした佇まいはThe・次男という感じ。
家族の中では兄ちゃんの仕送りで浪人生活な一方、外での年下の他人に対する面倒見の良さとか、いかにも末っ子次男。
兄ジャホンさんと違って転生しないルートを選んだから、今後も作品世界に続投予定っぽくて嬉しい。
冥界のリクルート制度、そういう感じなのね。
何の仕事するのかな?
判官かな?? ※今の二人はクビを賭けて負けちゃったので。
今の閻魔様もそろそろ在任期間1000年近く経つだろうから、暫く修行して後任の閻魔様になるのかな??
それとも亡者の弁護をする使者??
三章でウォン・ドンヨンの裁判には関わるのかな???
いろいろ気になる。

ドンヨンを演じたEXO D.O.ことドギョンスは、やっぱり今回も巧かった。
ラストの初軍門の前で迷子になってるシーンの味わい深さよ…!

三章が2年以上先になるのは、準備期間もあるのだろうけど、カンニム役のハジョンウさんが売れっ子過ぎてスケジュールを押さえられるのがそのくらい先になっちゃうのだとも聞いた。
ホチュンサム翁と孫のヒョンドンくんはこれからも何やかんや死なずにシリーズ通してチラチラ登場し続けそう、と一章の鑑賞後に妹が予想していて、そう言われると確かにそんな気がするのだけれど、2年後制作だとヒョンドンくんは大きくなっちゃいますね。
シレッと違う子役に差し替わったりしそうで少し寂しい。
ほんのりパクボゴム似のヒョンドンくん、イケメンに育っておくれ。
三章が公開されたら韓国に観に行きたい。
日本に来るのは更に何年先になるかわからないもの。

子役といえば、韓国てそこのところのキャスティングがおおらかというか、成長後の姿と似ても似つかない子が起用されてたり、いやAとB逆でしょ??!みたいなことが多い印象だったけど、カンニムの子役の子が抜群にぴったりでおぉ!となった。

『悪い人間はいない。悪い状況があるだけだ』という言葉は胸に刻みたい。
人に優しくなれそうだ。

ジュラシックな恐竜達は「韓国にもこのくらいの映像作れますし(・`ω・)ドヤッ」ていうハリウッドへのライトな挑戦状的お遊びと受け取りました。

二章はヘウォンメクとドクチュンちゃんが暫し下界で生活していて、たくさんお召し替えしてくれるので、いろんな衣装の二人が見られるのも目に嬉しい。

一章が好き過ぎて、二章が一章を超えることはないんだろうなーとうっすら思いながら劇場へ足を運んだけれど、なんのなんの、総じてこの先の続編への期待が高まる二章だった。
日本では二章のスタート前に一章のダイジェスト映像が流れるとは行っても、一章を観てから行かないとちょっとポカーン(゚д゚)かな。

《シアター6》
================================
2回目:2019/07/13
MOVIX三郷
《シアター3》

製作:REALIZE PICTURES CO.,LTD.
DEXTER STUDIOS
配給:Lotte Entertainment
日本配給:TWIN
Miyuki

Miyukiの感想・評価

3.8
第二章も面白かった~
3人の過去に涙…
今回の弁護士補佐ちゃんは可愛いだけじゃない!あんな過去があったなんて~(泣)
イケメン担当はホントにかっこよかったけど、弁護士さんは過去重すぎて引くレベル(笑)1000年辛すぎるわ!!
そしてマ・ドンソクさんよ!!!
予想を裏切る可愛いらしさ(笑)
とりあえず1に負けない面白さでした🎵

あと最後に「次はお前かーい」ってなったわ(笑)
はりん

はりんの感想・評価

4.0
いや、もうかっこよかった!!!!
第1章に比べると前半もうちょっとアクションシーン入れて欲しかったところもあるけど、やっぱり泣けるしめちゃめちゃにかっこいいし、そして泣けた。真相はすごく悲しくて、やっぱりかと思いながらも涙が止まらなかった。
それにしても1000年前のヘウォンメクめちゃくちゃかっこよかったな。
mmsrr

mmsrrの感想・評価

3.6
第1章だけ観る予定だったのに、最後にマドンソク出してくるからそりゃ観るしかなくない?ない ってことで引き続き観たけど第1章だけでもよかったかな〜
ギョンスをオチに使うなwww
韓国映画っぽくないゴリゴリのCGに超能力やらのド派手アクションは新鮮だったけどやはり韓国映画は距離が近い生々しいバイオレンスが一番っすね
ハジョンウのロングコートとマドンソクの二の腕ありがとうございました
ななみ

ななみの感想・評価

4.4
めっちゃ良し…
最高…
最高のメンバーでお送りされてた…
泣いた…

ヘウォンメクが屋根に乗ってるシーン1番好き…
MASTiX

MASTiXの感想・評価

2.9
ハジョンウの地獄巡りとマドンソクの現代居座りと過去の回想が並行して進んでいくんだけど中盤の凪が同時に訪れてその辺がかなり長く感じたなー
地獄からの使者というファンタジー全開の設定ながらサスペンス要素を軸としてるんだけどその解かれた謎とか実はこうだったとかが自由すぎてそれってなんでも言ったもん勝ちやんとなってしまった、オチから逆算して脚本書いてる時に盛り上がっちゃったのかなとすら
やはりCGすごい
ネンコ

ネンコの感想・評価

4.0
タイトル通り三人の使者様たちの因と縁をじっくりみせてもらった感じ。
第一章の時にカンニムが何か知ってる風な雰囲気で、ヘウォンメクとドクチュンの記憶がないのは何故かがゆっくり紐解かれていくからアハ体験のように楽しかった。内容的にはちょいと先読みできるとこもあるけど、そこは王道だからむしろ好き。
あと成主神がなんともかわいい!
やってることもそっちの人的には迷惑だけど、屋敷の人の為に一生懸命で人情味がとにかく憎めない。

それにしてもカンニム先生…千年は長いよ。なぜこの三人で仕事をしてたのかわかった時はちょいと涙腺ゆるんだわ。
閻魔大王の粋な計らいもグッときた…なんだよ…みんな優しいの塊かよ…
よしの

よしのの感想・評価

4.2
え…!?こっちが本番じゃないですか!!!1よか全然好きでしたよぼくは!!!!!
あの…萌え要素を兎角ふんだんに詰め込んだオタクのための映画って感じがしましたね…ちょっとプロメア思い出した 展開がわかり易すぎ?いーじゃないですか!!!!変なことやられるより全然いいですよ!!!!!むしろやって欲しいこと全部やってくれてバンザイヤッホーーーイ!!!!って感じ!!!
1がもう完全に前座に思えましたね個人的には…1で過去のこともチラつかせつつあの3人の基本の仕事ぶりを見せて、2でどっしり3人の過去編をやる。やっぱりこれ1本でやろうとしたら重いもんね、これが正解だ
現代パートの中に過去エピ挟みつつ、って感じだったけどテンポ良く進んでて良かったと思う 1、2と連続で見たけどそれも良かったなと思う

⚠️以下ネタバレ込み








ヘウォンメク……ヘウォンメク………しんどい……いつもお調子者のおバカなのに辛い過去背負ってて本当は義理堅いめちゃくちゃ良いやつ、しかもめっちゃ強いって何だそれ………白い山猫……通り名萌える……ドクチュンとの絆萌えすぎて吐いた 全部わかった後にそっと寄り添う2人が幸せすぎて1人でバタバタしていた

でね!カンニム!だと思いましたよ!なかなか言わないからあれ?違うのかなとおもったらやっぱそーだよね!アンタが上官でお兄ちゃんですよね!!!!そこで拗らせ兄弟概念ぶっ込んでくるの最高だな!!!!1はおバカ脳筋ヘウォンメクと切れ者カンニム〜って感じだったけど、カンニムの過去にそんなやらかし傲慢エピソードがあったとは 人間らしさが1より出ててますます好きになったよ

誰かを許すこと、誰かに許しを求めることってなかなかできないし勇気がいることだよね

閻魔大王お父さん説もそうかな〜?と思ってたので実際そうでめちゃくちゃ嬉しかったです

ちょっとヘウォンメクかっこよすぎて一目惚れしてしまったかもしれません…いや1の時点で惚れず2で突然ズッキュンしてしまったので一目惚れというのは少々語弊があるけれども………工作にも出てるんですか彼!?今日見に行った映画館、家から1時間以上かかるんでちょっと遠いんですけど工作これからやってくれるみたいなのでまた行くこと確定ですね〜やったあ
まさにタイトル通りの「因と縁」
第1章の冥界ファンタジーエンタメ感はやや薄れて、その分使者3人の人間ドラマ要素を前面に押し出して来た感じ。 第1章、第2章とが繋がって見事な設定、千年前からの因縁ってどんだけ… 絶妙な脚本、巧みで面白かった。
家族の物語でしたね。
ちょっとしたパロディーもあって楽しめた。
第1章、2章共に鑑賞すると、3人の使者が この3人じゃなきゃダメなのが分かって愛しくなって来る。 キャラ設定と俳優陣が上手くハマって、極上のエンタメシリーズだった。
>|