神と共に 第二章:因と縁の作品情報・感想・評価

「神と共に 第二章:因と縁」に投稿された感想・評価

AAA

AAAの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

良かった
何回も見てる

最後やばい
odemi

odemiの感想・評価

-
第2章はマドンソク出演で、見た目めちゃくちゃ強そうなのにやられてしまう優しい熊みたいな神様で、ヘウォンメクは相変わらずカッコいいのに、引き算あやういし四字熟語弱いし洗濯物キレイに畳めないところが可愛いかった。
見に行った私が悪い。
てよん

てよんの感想・評価

3.5
"나쁜 인간은 없다는 거. 나쁜 상황이 있는거지."
shinya

shinyaの感想・評価

3.5
第一章のメインキャラである使徒三人の物語。

前作よりアクション控えめのドラマ重視。
話の展開もど偉いことになっていき、時代劇パートありのマ・ドンソク可愛いパートありの、ジュラシックワールドありというとんでも大作に!!
内容も分かっちゃいるけど、ただしっかりグッと来るという…。にしても、悲惨で重厚で因縁ありありです。
大味ではあるが、役者陣の演技は素晴らしいです。

そして、ハクション大魔王…ではなく、封印された壺がなければ居られない屋敷神のマ・ドンソク兄貴の子を守る優しさに想いを馳せるのでした。
よしの

よしのの感想・評価

5.0
第一章見て「カンニムとドクチュンとヘウォンメクが現世で遊んでるとこ見たいな〜♪」とか言ってた頃の私に「詳細は省くが結論から言うとお前は死ぬ」って教えてあげたい
使者様たちの過去バナが中心です。人情話でうるっとさせてくるのは変わらず…
また号泣しました…

1章みたいな地獄の描写は少なめです。

ヘウォンメク控えめに言って最高です…
これ3章ありますよね!
える

えるの感想・評価

3.1
#映画 #eiga #movie #シネマ #映画好きと繋がりたい
第一章はアクションとゲームっぽさでガンガンきたけど、第二章は人間(?)ドラマで攻めてきました。
使者たちの過去、ソンジュ神の下界の人々への思い、さまざまな因と縁を壮大なスケールで描いていました。
どのキャラも、笑える場面もシリアスな場面もしっかりと演じてくれました。
スホンはほんとに貴人でいいのか(笑)
マ・ドンソク演じる神が、もっと下界でなにやら暴れるのかと期待してたのだけど、優しい神様でしたね。
前作の方がまとまりはよかったと思う。
でも、スクリーンから離すまいとぐいぐい引っ張り込む演出は韓国映画ならではの力かな。
面白かったです!
最後の最後まで、きっちりオチをつけてくれました。
まだ次作がありそうに思えるシーンがあったけど…?
前作の明らかにならなかった真相だけでなく、使者三人の過去を巡る、まさしく因縁の物語。
これまで三人の信頼関係が強く描かれていた分、過去の業が重たくのしかかる。

一章は徹底的に父を廃して母子の話だったけれど、二章は父子の話。
母は許す存在、父は裁く存在というのを結構いろいろな作品で見るけど、もう何も言ってくれない死者との間では、裁く機会を設けてくれることすらひとつの許しだと思えた。

惨いほど赤裸々に人生を暴き立て、許しを乞うたか責める裁判の物語で、最後にあるのが「言わなくてもとっくに許している」という一歩間違えれば甘えになってしまうような信頼の形もしっかり描かれる、いい終わり方だった。

でも、個人的にはどうしても前作に寄りかかる二章より、独立して完成している一章のが好きでした。
マ・ドンソクの二の腕…
>|