けい

愛がなんだのけいのレビュー・感想・評価

愛がなんだ(2018年製作の映画)
4.1
前から気になっていた映画で、目に飛び込んできて勢いで観た。

恋愛を描いていると思いきや、恋愛感情に似た依存関係とそこからの精神的自立を対比して描いている作品だった。

自分の置かれている状況を理解したとき、どういった行動を取れるかでどう自分を変えていけるかがわかる。恋愛に対する姿勢や考え方で評価が大きく変わるという意味で、良作。

ナカハラの人間性は好きだわ。彼は、お互いにとって良い関係とは何かを苦悩して考えたから、ああいう方向性になったのだろうと思う。