A

愛がなんだのAのレビュー・感想・評価

愛がなんだ(2018年製作の映画)
4.2
片想いのリアルを描いた映画。
観覧客は鑑賞後、題名の「愛がなんだ」より
「愛ってなんだ」と心の中で呟くだろう。
でも画面の中のテルコは最後まで「愛がなんだ」と言わんばかりの気迫で愛を貫いてる。もう愛とかどうとかの言葉の次元じゃない所に居るかの様に。
もういっそ愛より複雑な言葉をテルコお前が創っちまえよと思った。

とゆう感じで
一見すっごいイタイ奴の恋愛映画なんですが劇中のテルコ、マモル、中原、他それぞれの人間性と感情が繊細に上手く表現されていて、ただのイタイ恋愛映画じゃなく新しい恋愛映画だった。

時たまに、かなり笑える場面がありユーモアセンスも感じさせられる映画。イタ過ぎて笑えるシーンもあります。笑
何気ない日常生活の中で好きな人とイチャつくシーンは、観ている側もキュンとして幸せになれます。
シーン事の間の空気感も素晴らしく、リアルさを更に醸し出していました。

役者さん達の演技も個性が溢れてて凄く良かった。
なので全体的に凄く面白く、鑑賞後は人それぞれ心に残るボヤけた「何か」を探すように考えさせられる映画でした。

恋愛映画好きは尚更観るべき作品だと思います!
味わい深い映画が好きな方にもオススメしたい作品。