JunkiYoda

愛がなんだのJunkiYodaのレビュー・感想・評価

愛がなんだ(2018年製作の映画)
4.0
キャラクター各々の去勢が行われて、各々が変化していく。
てるこの感覚がわからなかったが、あれだけ変わらないてるこも、変化をしていることに気づく。
衣装とメイクとスラスラと出てくるデマカセ。
角田光代の原作も素晴らしい。関係性を読み込んでいくことでてるこに対する見方がげ変化していく。てるこすごく強い。