愛がなんだの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

愛がなんだ2018年製作の映画)

上映日:2019年04月19日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「愛がなんだ」に投稿された感想・評価

人の生活や会話を覗いているように進んでく映画、邦画らしいし、結構好き。
リアルだし、人間らしい人々。登場人物の誰に共感するか、人によって変わってくると思う。主人公に共感していれば、最後の描写で危なさに気づけるだろう。気づいてほしい。主人公の恋でもない、愛でもない、執着心。なんなんだろう。でも付き合えなくてもいいから側にいたいってのはよく聞く話だ。でもそれってやっぱり苦しいはず。お互いに同じタイミングで同じだけ好きなんていう両思いは、なかなかないんだなぁ。
誰も間違えじゃない。と思う。
マモちゃんの表情や言葉がいちいちしんどくて数回耳鳴りがした。
常に涙がしとしと流れていたけれど、観終わったあとはなんだか心がスッキリしていた。
そうか、これは恋ではない。愛でもない。
愛がなんだよ。愛がなんだってんだ。
愛がなんだ。


若葉竜也、天才以上の言葉が欲しい。
表情。話し方。間。すごい。

仲原くんが自分すぎて、自分を抱きしめる代わりに仲原くんを抱きしめたい。




幸せになりたいっすね。



あーーー、なんだろう、苦しいし、バカバカしいし、涙も出るのに、なんか、生きてるの楽しい。

とりあえずこの映画は全員キャスティング完璧。天才。1人でも他の人だったら絶対だめだ。

成田凌ほんと好きだな。
キングオブ憎めない。





ゾウの前で泣くの、なんかすごくわかるなぁって、気づいたら私も泣いてた。
hal

halの感想・評価

4.0
記録
HisyST

HisySTの感想・評価

4.0
‪「好き」に理由なんかないし、私の「好き」と彼の「好き」は永遠に同じじゃない。だから「好き」 って言えなくて、こんなにも苦しい。こじらせてイタいと言われても、傷つくのを怖がってたら、恋なんかできない。‬
マモちゃんと出会ったら、やっぱり尽くしてしまうかも。ダメンズに惹かれるのは何でだろう。
早稲田松竹にて
等身大のラブストーリー過ぎる。
きらびやかな逆転たまのこしラブストーリーなんかより ずっとリアルな恋愛映画。

人から見たらかっこ悪くて 理由なんてわかんないけど好きで そういう恋を誰もが一度はしてきてるんじゃないかと思うし。

少なくとも私にはドンピシャで。君だけじゃないよって代弁してもらってるよう。
だから こんな自分いたな って、あのときこんなふうに誰かを好きだったなって 思って涙が出る

恋愛観察バラエティーより
ずっとずっと 染みるの
ひー

ひーの感想・評価

4.0
・痛い痛い痛い(過去の恋愛の黒歴史)

・クズな男だねー

・内装、ニトリ多くない?
Ash

Ashの感想・評価

2.0
記録
2019-103
面白かったけど、見た後不思議な気持ちになった。釈然としない。
若葉きゅんと変なラップが良かった

小劇場の役者さんの名前がエンドロールに出てたけどさっぱり見つけられなかった。飲み会のシーンか?
Yui

Yuiの感想・評価

3.9
こういう恋をしたことあるからこそくるものもあるかもしれないけど泣いた。
私は1人で映画館で見たけれど、カップルで見てる人も結構いて男性が泣いていてどういう感情で泣いてるのかなぁと不思議に思ったりもした。
逆に私はこういう映画を男性連れて来ようと思わない時点で主人公と同じような恋愛を繰り返してきたのかなぁとも思う。
見終わってもいろいろ考えてしまって恋愛は難しいなぁと思った。難しいのはそういう女の私かもしれないとも思った。
リアリティーのあるお話で、恋は盲目というか、好きだから尽くしてしまうとか自分では気づかないようなことを描いていると思う。
すごいクズ男な感じが出ていて、振り回される感じわからなくもなかった。笑
>|