愛がなんだの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

愛がなんだ2018年製作の映画)

上映日:2019年04月19日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

あらすじ

「愛がなんだ」に投稿された感想・評価

tanako

tanakoの感想・評価

4.3
あくまでも、個人的な基準なのですが。

痛々しさに共感して、恥ずかしくて悶える映画は、良作。

そういう意味で、高評価。
ただ、人を選ぶかもしれません。



一人に対する愛を真っ直ぐ持ち続ける中で、相手目線で考えたナカハラの強さと、どこまでいっても自分目線のテルコの痛さ。

道は分かれるのですが、結局取り残されてしまうテルコの(側から見える)哀しさも、本人は薄々気付きながらも、でもやっぱり変えられない。

幸せは他人目線では決まらないし、必ずしも報われることが幸せとは限らないけど、そんな中でも「幸せになりたいっすねえ」という台詞がすごく響きます。


この作品は正しさを説くものではないので、これで良いのかなと。
人間らしくて、とても好きでした。


この絶妙な空気感、どういう文章で書かれているのか、原作がとても気になります。
読むか。
成田凌のクズっぷりがすごい
ワンコ

ワンコの感想・評価

5.0
ゾウの鼻の長さくらいの距離感と、ファインダー越しに覗いた被写体との距離感
テルコとマモルの距離感は、ゾウの鼻の長さくらいの距離感だ。
近くにいて、何か食べたがっているくらいのことは分かるが、物理的な実際の距離に加えて、近づき過ぎたら何が起こるか分からない、ちょっと怖さのようなものがある。
分かり合えてるとは思えない距離感だ。

ナカハラとヨウコの距離感も同じような感じだったが、ナカハラがヨウコに対する気持ちを整理して、少し距離を置いてみて、今度はグッと近づいた。
それは、冒頭のシーンで、ナカハラがファインダー越しに覗いたヨウコとの距離感で、被写体の良さを引き出そうとする、ナカハラの個展の写真に見られる被写体との距離感だ。
言葉や駆け引きでは縮まらない、気持ちの距離感だ。

なかなか素直になれないこともある。
率直な言葉のつもりが、分かってもらえないこともある。
人のことは分かったつもりでいても、いざ自分のことになると、理解とは程遠い。

恋愛が難しいのではなくて、自分の気持ちをどうしたいのかが分からなくなるのだ。

そして結局、まあいっか…って、誰もが経験するような、ちょっと切なくも、少し笑ってしまうストーリーだ。

愛がなんだってんだ!
Kazuhito

Kazuhitoの感想・評価

3.8
幸せになりたいっすねぇ。
痛いしリアルだし人間くさいし。よき。
boo

booの感想・評価

3.3
フィクションなんだけれどもリアルっぽくつくられてるしわかる人にはわかるーーー、となるんだろうけれども
全く共感できなかったなあ
「『愛がなんだ』がなんだ」

照ちゃん役の役者の演技が良い!
好きの種類・距離のつめかた。リアルに描かれていてツッコミながら見入った作品。
kou29

kou29の感想・評価

2.8
愛ってなんだ?
えりか

えりかの感想・評価

3.8
愛ってなんだろう。本当の愛は見返りを求めないで相手に尽くすことだと誰かが言ってたのを聞いたことがある。てるこやまもちゃんの好きな人の側にいたくて、背伸びして無理をして、かつてそんな風にしていた自分を思い出して胸が苦しくなった。幸せになりたいっすね。その言葉が答えだと思う。
Niwa3

Niwa3の感想・評価

3.0
何か胸にきた。
当事者以外には理解不能な相手を思う気持ち。当事者自身もそれが愛か恋かも分からなくなるほどに執着する。
結ばれることが叶わない関係であったとしても両想いで良かった。
>|