愛がなんだの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

愛がなんだ2018年製作の映画)

上映日:2019年04月19日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

あらすじ

「愛がなんだ」に投稿された感想・評価

yohey

yoheyの感想・評価

3.0
最後まで観れたのは観れたけど、
とくに何も残らなかった!笑

ワンカット長めの撮りで、ナチュラルにあんだけの量の台詞を言い合えるのはすごいなって思った!
今更ながら『愛がなんだ』を観てきた。原作でもマモちゃんがテルコに指摘する「逆自意識過剰」が刺さる人多いのでは。「献身的」なのとはちょっと違う。先回りして気を使ったことを否定される悲しみ。嫌われないための行動によって嫌われる現実。好きな人に対する行動は傍から見たら素敵ではないものだったり。
‪島本理生『イノセント』の解説で白岩玄さんが述べていた「選ばれないと悟った人間が プライドを守るために行う 自分のための奉仕活動」という表現もしっくりくる。相手の特別な存在であると覿面に実感できる方法だからこそとってしまう行動。いままで愛だと思っていた行いは ほんとうはエゴだったのかもしれない‬。
ともあれこんな関係を生み出したのは自分の気持ちを告げることで男女の関係性が崩れてしまうことを恐れる心理であることもわかる。
見る人が誰かしらに共感できるからヒットした気がする。テルちゃんはこんな人いないだろ、とイライラする描き方ではなくてほんとうにいそうだな、あたりを演じてくれたのが良かった。
いろいろ書きすぎた。うるせえばぁかと言われそう。
mizuho

mizuhoの感想・評価

4.1
最初映画館で見たときは
特に得るものもなかったような気がしてた。
でもDVDが出て、真っ先に借りた。笑
なぜか何度も見たくなる。
2回目はかなり面白かった。
そしてかなり共感できた。
無条件に、こんなにも好きになってしまう
人、いるいる〜
でもそーゆー人とは結ばれないんだよ
うーん
よく分からないのは
恋愛とか興味無いからか。
まもちゃんとかクズの極みだろ~
気付いてくれと思うが
あれはあれで幸せなのか?
最後に出てくる
まもちゃんの親友の方が断然いいが
盲目ということか。
はる

はるの感想・評価

3.5
はっきりしない感じが好みではないけど、
映画としてはおもしろかった。

みんな自分のこと客観的に見れないんだなー

ここまでのめり込めるのはある意味才能。
私は恋愛体質ではないし、人間の優先順位が1.自分、2.家族、3.友達になるほど恋愛の優先順位が低いため、登場人物の気持ちがわからなすぎて全員狂人にしか見えなかった。
おそらくテルコは1位に好きな人、2位に好きな人、3位に好きな人って具合なので、好きな人がいる限り仕事も友達も自分自身も大切にしないタイプ。中高生ならまだしも20後半になってこれはかなり痛々しい。

しかもあのマモルとか言うヘンテコな男が大好きで、明らかにどう見てもなんの魅力もないクズ男なのに、冷たくあしらわれても好きが止まらない。なぜ。
こういう特にモテない普通の男って、別にユーモアセンスもないし金もないくせに、女や人生観や仕事の話をイキってするからキモくてドン引き。
でも好みじゃない女の子にめちゃめちゃ好かれたときに、“俺が遊んでやってる女”みたいにキープしつつ都合のいい性処理したり、なんやかんや好かれてるのは悪くない為たまに餌を与えて関係を完全に途絶えようとはしない。卑怯だしかなり小さい男である。

すみれさんみたいな女マジで苦手すぎて虫唾が走るのだが、逆に一番まともだった。マジで無理だけど。
「幸せになりたい」
という幸せの条件はこれも人によってまるで違って、単純に「好きな人に好きになってもらう」ということが幸せな人もいれば、そもそも幸せのラインナップに恋愛が入っていない人、様々な幸せがあるはず。
テルコや仲原の考える「幸せになりたいっすね」の言葉の幸せの意味は、「好きな人が自分のことも好きになってくれて、あわよくば一緒にいたい」ってことなんだと思う。知らんけど。

ほんでマモルな、こいつのすみれさんとのシーンが一番恥ずかしかった。必死になって追いかけてる感じが痛々しいし、仲間に入れてると勘違いしてるとこもきつかった。

全体を通して面白かったけどやっぱりこいつらに1ミクロンも共感することなく、ラブサイコパスな人々に共感者殺到なのも非常に摩訶不思議で怖い。
まる

まるの感想・評価

3.8
テル子の気持ちは私にはよくわかるけどね。
田中守の気持ちも。
ついに観てしまった。

まもちゃんの「あ~よかった~山田さんが俺のこと好きじゃなくてほんとによかった~」に心の底から脱力。
にしてもてるちゃんの精神がタフすぎてやばい。普通、自分の心がぼろぼろになっていくから執着じみた恋に変わっていてもこんなに傍から離れられないなんてないでしょう。タフだよ。
デグー

デグーの感想・評価

3.6
映像は綺麗だったが
流石にストーカーじみすぎている
現実世界だと殺傷事件になりかねない
役者の演技は素晴らしかった
hashiguch1

hashiguch1の感想・評価

3.5
何も考えずに見れるB級っぽいこーゆー邦画もともとすごい好きだけど…これはなめてた
リアルすぎた…
幸せになりたいっすね…苦笑+泣
>|