カニバル

銃のカニバルのレビュー・感想・評価

(2018年製作の映画)
3.7
銃を拾った青年の変化、狂気を描く作品。村上虹郎の空虚感を常に抱えている感じ、銃に魅入られていく姿がすごく良い。
広瀬アリスという救済、日南響子という現実の対比感もよかった。リリー・フランキーとのシーンは緊張感抜群。
モノクロの映像もいい味だしてました。
銃を通じて自分や周囲と向き合っていく青年の心理をすごく詳細に描けていたように思う。