闇動画7の作品情報・感想・評価・動画配信

闇動画72013年製作の映画)

製作国:

上映時間:67分

ジャンル:

3.5

「闇動画7」に投稿された感想・評価

桂

桂の感想・評価

3.5
「不在の視線、非在の視点」
何よりも姿の見えない女の声が1番不気味だった。設定も斬新。

「赤い乗客」
微妙。

「超越と俗悪の関係」
一番好き。万引きGメン映像の面白さが勝ってる感じ、白石晃士っぽい。

「盗視者」
目のシリーズ、結構好き。

「魔の領域」
長いし、面白くないけど、後味の悪さだけはダントツで良かった。
oooo

ooooの感想・評価

-
・非在の視線と不在の視線
多様な技巧が楽しめます!

・赤い乗客
ピンクいオバチャン

・超越と俗悪の関係
リングの呪いのビデオとか、ホラー映像作品の中の映像が好き⛩

・盗視者
出演:にわかせんぺい

・魔の領域
これはたぶん話で聞くともっと怖いやつ
たくや

たくやの感想・評価

3.3
映画アプリ“ビデオマーケット”の見放題登録で鑑賞👻

中編3本と短編2本の詰め合わせ。

お気に入りは『魔の領域』がたまらんかった🥺👍怖いのよー。
心霊番組を撮りにいわく付きの神社にきたクルーたちの恐怖体験。
夜のシーンが暗すぎて、よく見えない…のもなんか怖い((( ;゚Д゚)))なにも起きてないシーンも直視できなかった…自分ビビりなので😅
あとなにより、Jホラーっぽい終り方。
多くを語らず、最後は…結局何だったのか😱どこまでが“真実”なのか…あー、怖い怖い。
「非在の視線と不在の視線」
いや知らん笑、とはなるけど不思議と見れる。

「赤い乗客」
こういう人ギリ普通にいるからなー。

「超越と俗悪の関係」
店内の防犯カメラ映像が突然、鳥居を写した映像に切り替わる。この全く脈絡のない飛躍が良い。

「盗視者」
ふむ。

「魔の領域」
もうちょい尺が短かったらさらに良い。この作品のなかの目玉だと思う。狐につままれたような出来事。途中から何やってるのか分からなくなってくるけどそれを全然疑問に思わないような感じとか、こういう夢見たことあるって気にさせられる。
t

tの感想・評価

-
『非在の視線と不在の視線』動画編集で遊んでるとしか思えない固定カメラ反復楽しい。『ブンミおじさんの森』ラストだ。インタビューのロケ地は上石神井三丁目アパート駐車場。『超越と俗悪の関係』については万引Gメンという題材が新鮮なのと女性のビジュアルが100点。床下高速移動が楽しい『魔の領域』。
しを

しをの感想・評価

-
一つ目の宅配のやつもGメンのやつもそもそも発想がおもしろいしたのしい。(Gメンの血にまみれた手を映すのはちょっとダサいけど!)ふと思ったんだけど、なんかあのインタビュー形式のやつって事前に打ち合わせしてるのかな?それとも映像提供側はガチ(orガチ演技)なのだろうか。
muscle

muscleの感想・評価

-
宅配映像を取っておいてニコニコ動画の音MADみたいに編集しまくる一本目、万引きGメンものの2本目、ラストは神社の軒下で…。ラスト、轟音で山に爆音が鳴り響くのクソワロタ。シャマランの『ヴィジット』みたいに早送りでこちらに襲いかかってきて欲しかった。どれもかなり投げやりな意味で豪快。

全然関係ないけど万引きGメンって、正式名称じゃないだろうし、なんでテレビ的な呼称なんだって思う。捕まり、警察に引き渡される一生を左右する出来事を処理しながら何が「Gメン」だよと思うものの、どうやったらなれるんだろう、同僚からはなんて呼ばれるんだろう。

求人があったけれど、ただの警備を万引きGメンと呼んでいるのかな(https://jp.indeed.com/m/jobs?q=万引き+G+メン)。
偉そうに人に説教するきもちと親しげに「他にもやってんでしょ〜」なんて話してみたいな。
>|

あなたにおすすめの記事