gorgonzolacoco

永遠に僕のもののgorgonzolacocoのレビュー・感想・評価

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)
3.8
実話を基にしているというからすごい!
天使の顔した悪魔
でも本人には悪事をしている意識が無いので、無垢な青年に見えてしまう

カルリートスは美しいものが好きで、美しいものに囲まれた自分が大好きな自己愛の強烈さ
絵画をまず盗んでくる
宝石店でイヤリングをした自分を鏡に映してウットリ、ラモンと並んでエビータとペロンとか言ってしまう
ラモンが自分を優先せずよその男とつるみ始めたことが気にくわない
そこには恋愛感情よりも 独占欲の強い子どもがおもちゃを取られた苛立ちを感じる

ロレンソ・フェロの顔立ちはクロエグレース・モレッツに似ているかな〜これは人気が出て当然だ

歌 ビリー・ボンド

ラスト



ラモンを死なせ刑務所に入り罪がバレるも悔い改めることなく脱獄→行き場がなくラモンの家族がいた空き家でダンスする→物語の冒頭でレコードだったのがラジオでに変わっただけ
同じ振り付けを踊る彼自身は変わっていない