RUU

永遠に僕のもののRUUのレビュー・感想・評価

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)
4.0
ストーリーは淡々と進んでいくが、
カルリートスと映像の美しさや、
年代のお洒落なファッションに音楽が、
素敵であり、じわじわと、彼の「ブラックエンジェル」としての表現を増加させているようだった。

映像としての「残酷さ」はあまりないものの、彼の「何か悪いことした?」という、子供っぽい顔が、またゾワゾワした。

観賞後にゆっくりと良さが分かる作品でした。