ジャッキーケン

THE GUILTY/ギルティのジャッキーケンのレビュー・感想・評価

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)
4.3
ファントムフィルムさんによる「未体験」試写会にて鑑賞

警察の緊急通信司令室のオペレーターを務める主人公アスガーの元に1本の電話がかかる。「誘拐された」と言う電話の主、被害者を追い、電話越しの声を頼りに事件を追っていくワンシチュエーションスリラー

声だけが頼りなので電話越しに観客も主人公同様に声の主人である被害女性の言っていることを現場の状況として捉えていく。
女性の声から感じ取る恐れ、危険に晒された子供、暴走する元夫、女性の証言によってだんだんと状況が分かっていく、それと同時に植えつけられる先入観
先入観だけが頼りなのでその後に待ち受ける展開では見事に振り回される

さり気なく散りばめられた伏線
その伏線が容赦なくズシンと来る重さ
この手のワンシチュエーション物は先入観が製作側の意図にハマればどうとでも観客を料理できる。ジャンルの強みを感じられて「サーチ」同様に先入観としての掴みがしっかりしている。

待ち受ける辛い現実、一気に沈むあの感じは鬱映画のように強烈なインパクトを与えるが主人公が持つ罪悪を逆手に取り警察映画として新たな方向性でのジャスティスの誕生に非常にグッとくる傑作!