ピカル

THE GUILTY/ギルティのピカルのレビュー・感想・評価

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)
-
【温度の話】

『THE GUILTY』観ました。

“犯人は、音の中に、潜んでいる”とキャッチコピーにあるように、電話からの音と声だけで誘拐事件解決を目指すサスペンス映画。

設定を知った瞬間すぐに思った。
「これは観たい」と。

なにか明確な期待があったわけではなく、むしろ、緊急通報指令室にいる主人公・アスガーのように、情報の少ない条件の中、映画からなにかを探り当ててみたい、と強く思ったから。

映画では88分間、自分の「想像力」が試されるわけだが、驚くことに本編はすべて緊急通報指令室のみで展開される。
犯人は、逃走中。
映画は、逃げなかった。
この束縛から新境地を開こうとしていた。

その“音”から得る情報は人それぞれで、だからこそこの映画が成り立っているわけでもあるのだが、私が映画から強く感じたのは“温度”だった。

特に印象的だったのは汗の描き方。
事件が進行するにつれ、状況は緊迫し、誘拐事件の行方を担うアスガーの焦りはどんどん加速する。
追い詰められながら電話の向こうの見えない相手と戦い、分析し、信じるアスガーの熱と汗はそりゃあもうすごいことになっている。



.....はずだった。
しかし、どこかの映画で見たことのあるような危険な勝負に挑む主人公とは異なり、汗の量はわずかで、アスガーの怒りもどこか冷静さを秘めたように見えた。

なんだろう。この温度感覚は。

映画は、繰り返される電話のやり取りの中で、血や狂気や怒りといった「熱」を描きながら、同時に、冷え切った人生や孤独や後悔という「冷」を浮かび上がらせていたのだ。

観客は、周りを炎で囲まれたような逃げ道のない状況に追い込まれたかと思えば、氷水に沈められたような冷酷な現実を見せつけられる。

88分間、息つく暇など、どこにもない。

映画館で観てよかった。
映画館で観るべき作品だった。
間違いなく、見応えのある映画だった。

音楽以外で音に夢中になれる芸術が、今、誕生した。