ランバー

THE GUILTY/ギルティのランバーのレビュー・感想・評価

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)
-
ワンシチュエーションの会話劇ながらその想像は鑑賞者の脳内に鮮明な映像と事件性、そしてそれぞれの人間性が描かれていく。
落語にも似た『想像させる』事による事件への対応は臨場感までも感じさせてくれる。本当に息を飲んで観入ってしまいました。オススメです!!