THE GUILTY/ギルティの作品情報・感想・評価・動画配信

THE GUILTY/ギルティ2018年製作の映画)

Den skyldige/The Guilty

上映日:2019年02月22日

製作国:

上映時間:88分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「THE GUILTY/ギルティ」に投稿された感想・評価

shogo

shogoの感想・評価

3.5
警察の緊急コールセンターで働くアスガー。彼の勤務交代までの数時間を映画に切り抜いた作品内容。

登場人物が少なく、基本的にアスガーの電話対応が話のメインとなっていてわかりやすい。彼の人物像も電話を通して浮き彫りになっていく。舞台化しても面白そうな作品。
なかなか好きな映画でした。
前にも似たような電話だけの映画を観たけど、それも好きだったので、
電話だけで繰り広げられる物語が好きなのかもしれない。そんな映画はあまりないけど。笑
電話越しに話が進むので何が起きているかわからなくなりそうだけど、主演のお芝居もいいし、こっちも想像しよう想像しようと前のめりになるので、置いていかれることはありませんでした。
電話しか頼りにならない、相手の状況が見えないからわからない。それによって、ものすごい緊張感が生まれてました。
物語も私は結末がわからなかったので、最後まで楽しめました。
勝手に想像しまくってしまう不思議な映画でした。おすすめ。
an

anの感想・評価

4.0
面白かった!
アイディアの勝利ですね。
ただ、映画だとどうしても地味。
舞台にしたり、色々汎用性が高そう。
うめ

うめの感想・評価

3.6
主人公であるアスガー
彼だけにフォーカスしたカメラの中で事件は起こる
誰に電話しているのか
どんな相手なのか
向こうで何が起きているのか
想像を掻き立てられるという意味では徹底されていて効果的だと思う
しかし
いかんせん
彼の行動のあまりな整合性のなさが気になる
だからこそタイトルに繋がっていくのでしょうが…
割と期待が大きかっただけに少し残念でした
ま

まの感想・評価

5.0
すき。映画の可能性を感じさせてくれる演出。聴覚震源地になる(???)。
ざき

ざきの感想・評価

3.2
新感覚。聴覚を研ぎ澄ませる映画。人間は5つも感覚器官があるからみんなそれぞれサボってるのでは?もっとがんばってねって身体に注意したくなりました。
mine

mineの感想・評価

3.7
割と面白かった
新しい視点で、searchとか、ハードコアとか、あるけど物足りなさがあるのはしゃーなし
声だけで話が進むけど、展開とか、サスペンス感は確かに楽しめる作りだった

うわっ、こんなこと言うの、キツって言うのとかあって、んー、、でもそれもまぁオチがあるからいいかと言う感じですな
50本に1本の息抜きにどうぞ
Yosuke14

Yosuke14の感想・評価

3.8
ラストのシーンはどちらかと言えばハッピーエンド寄りのバッドエンドだったと思う。
【フォーン・ブース】や【オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分】のように主なキャストは主人公一人で電話のシーンをベースにした想像力をフルに使う映画でした。
勝手な先入観で判断するということは冷静さを失ってる状態なんじゃないかと。
このギルティというタイトルが二重にも三重にも重なって見ごたえ十分の一本でした。
baniku48

baniku48の感想・評価

3.8
デンマーク発のスリラー作品

もうね、発想の勝利って映画は多々あるけれどもオープニングからエンディングまで成功しているものは少ないよね。

数少ない成功例の一つ。

もうね、監督が映画作りの前に「これはやっちゃダメBOX」の中から100枚くらい縛りを設定してから撮り始めた感じ。

面白かったーーー。
メグ

メグの感想・評価

4.5
観てる私達に与えられるのは電話から聞こえる音だけ
息遣いや、会話からどういう状況なのかを想像するわけですよ。
女性が怯えた声で『助けて』っていうのよ。
家には幼い子供をおいて出てきている。
どうやら夫に無理やり家から連れ出された模様。
電話での会話だけ。
映像は一切出てこないんだもの。

想像力が刺激されてどんどん引き込まれていくんですよ。
見えないからこそ
不安だったり恐怖がより大きくなっていく。

画面の中はアスガーだけ。
アスガーのどアップ。
表情から緊迫感や焦燥感が見える。

そして電話から聞こえてくる車の音や遠くで聞こえる雑音、
段々と目が離せなくなてメチャ前のめりになってしまう。
途中からは子どもも出てくるんですよ。声だけだけど。
で、段々と状況が見えてくる。
見えてくるっていうかこっちが勝手に想像してるだけなんですけどね。

デンマークの映画らしく色調は暗く北欧の空気感もたっぷり
いやー、絶対お金かかってないよねこの映画
登場人物ほぼ、おっさん1人
って感じだものね。
そしてワンシチュエーション。 
なのに飽きさせない。

地味だけど傑作。
この構成と脚本には拍手。
88分、ギュッと詰まってます。




>|