THE GUILTY/ギルティの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

上映館(1館)

「THE GUILTY/ギルティ」に投稿された感想・評価

Izakoza

Izakozaの感想・評価

4.0
これはアイディアの妙ですね。素晴らしいの一言。 しかし一番驚いたのは通信司令室内規のユルさ。西欧的個人主義甚だしく、奴隷工場同然の某通信センター(管理職全員強度の鬱)で働いてた身としては、主人公は身勝手さで自爆しとんだから世話ねえよな〜と、しか思えなかったのですが、成熟した社会の表れでもあるのでしょうから、少し羨ましくも感じました。
そよ号

そよ号の感想・評価

4.0
こういうアイデア勝負の作品楽しいね
途中の展開はそんなに意外でもなかったけど、着地点がどっちに触れるのか最後の最後までわからなくて(ヨーロッパ映画だから…というメタ視点)心がザワザワした
主人公が罪と罰と自責の念と傲慢さを抱えていて心理状態が良くも悪くも事件と絡んでいくの良かった
タイトルが最高
隣のデスクのおじちゃん良いヤツだよ…
Ryota

Ryotaの感想・評価

4.0
面白かった。
最後まで見るとタイトルの意味がよくわかる。
私達はよくいろいろなことを白か黒かはっきりさせようとする。特にネットの世界では。しかし、悪者は完全な悪者ではないこともあるし、悪者がいないこともある。
mis

misの感想・評価

3.4
環境が全く変わらない、言葉の世界だけで繰り広げられる心理戦 これは新しい映画だし純粋に興味深かった
少し間空いてしまって正直記憶が曖昧だけど、当時自分が「楽しかった」と呟いていたので楽しかったんだろう(笑)
 
ヨーロッパのマイナー国映画にありがちな、短い尺(88分)で、暗い画面で緊張感が最後まで途切れずに続く、一発ネタみたいな映画。ちょっと謎解き要素みたいなのもあるけど、途中でだいたい推測できるようになってていいかもしれない。
 
メインの舞台というか映画のほぼ全ての展開は、日本で言う119番の緊急通報指令室の狭いエリアで起こるんだけど、電話越しの音で外の世界の出来事を知り、想像し、推理し、といった頭の動きを要求されるのがとてもテクニカル。
『THE GUILTY/ギルティ』は面白くて、三度観た。はじめの視聴時はハラハラしっぱなしで、画面上ではほぼ一人の会話劇でここまで見せる映画はこれまで出会ったことがなく衝撃を受けた。オチを知った状態を鑑賞して、面白いものなのかを確認したくて再度観てみたのだが、ある程度知っているからこそ、会話の内容を集中して聞けたし、それでもどんどんエスカレートしていく状況と主人公を見ていると物語に入り込めて再見時の満足度が高かった。
三度目は時間を空けて、ヘッドホンで音を聞く新しいスタイルの映画館でのイベント上映。主人公自身が相手の電話から聞こえる声・音だけで元に状況をつかんでいるので、ヘッドホンをしているこちらは普通の映画館以上に主人公とシンクロしていく感覚になるし、電話先の状況を示す音がより鮮明に聞こえたのも面白かった。
ほとんどの人がこれまで体験したことのない種類の映画だと思うし、ヘッドホンでの視聴がこんなに意味を持つ映画もないと感じた。
mikamucho

mikamuchoの感想・評価

3.7
緊急コールセンターという閉塞的な世界と無限の外の世界をつなぐ一本の電話。ほぼ電話だけのやりとりを見せられているのにまったく飽きず主人公とともに緊張感が持続し続けるという体験がとにかく最高!
電話だけの情報なので思い込みや勇み足で選択を誤り、
物語が思わぬ展開を見せる…という大好物な流れなのですが、
疑似体験かのように主人公と気持ちや考えを共有している感覚がこの作品は秀逸。
思っている以上に偏見や思い込みは常に自分の中にある、、と考えさせられました。
題材、ストーリーがめちゃくちゃ面白い。

助けて欲しいという電話から聞こえるものだけを手掛かりに、助けを求める女性に上手く助言し、助けるための材料を引き出していく。

ネタバレには気を付けてね。

でも正直主人公が若干自分勝手というか、冷静になれよと言うか、いや、主人公自身の心情の変化とかも楽しみどころではあると思うけど、俺としてはもうちょっと冷静なやつが電話で事件を追って、電話を介して誘拐事件を紐解く方に集中してくれた方が良かった。
主人公に魅力を感じなかった。
主人公を変えて続編を出して欲しい。

しかし、主人公に魅力を感じないのにここまで引き込まれた映画も初めてだ。
めちゃ面白かった。想像力かきたてられて落語の面白さに近い感じ。
ちょっと、途中でオチが読めてしまったんだよなぁ😅
なので、とにかく前情報を何も入れずに見ないと、面白さ半減ですよ😂
http://oguma-movie.com/2019/06/27/post-94/
詳細な感想はネタバレなしのブログにて。