パピヨンの作品情報・感想・評価

上映館(7館)

「パピヨン」に投稿された感想・評価

刑務所に入る者は、やはり罪を犯した者。決して誰にも大きな罪は犯して欲しくない。

脱獄は決して良くない。しかし、様々な牢獄で生き延びる事が出来たのは信頼心の強い友人がいたから。人は必ず1人では生きていけず、本人の意思や他者との協力により大きな成果を得る事が出来た結果だという感想もある。
reina

reinaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

生きていく力がすごい。独房2年、独房5年なんて気が遠くなるし普通の精神なら必ず病むところを何を思って強くいられたのか。それはもう脱獄するっていう気持ちだけだったのか。オリジナルを観ていないので今回が初めてだったけどあんな流刑地が実際にあったんですね。酷い環境であそこまで強くいられたことにびっくりでした。
lim

limの感想・評価

3.7
フリーダム!
ちゃんとした裁判がないのはおかしい。
パドマーワトにひき続き見た「パピヨン」


この作品は、オリジナル(実話)に近ずけてるのかな?パピヨンの写真も載せてたし、刺青も前回の🦋だけじゃなかったし、、、今作のパピヨンは初めて見る人にはちょっと分かりずらい編集だったのでは?と思われます。ってか、オリジナルは多分10回近く見てるからか、そんなふうに思いますた。やっぱね、オリジナルの方が全然いいです。パピヨンが投獄されて、やつれていくシーンとかは、もうスティーブ・マックイーンは凄いと思った。メイクもそうだけど、なんかね、演技も凄かった。ダスティン・ホフマンもいいんですよね〜、、、今作の場合は、パピヨンが逮捕されるまでが描かれてるのと、ラストの悪魔島から脱出したその後が少し描かれていたのは、良かったかなぁ……

オリジナルを見てない人は、ぜ〜たい見て欲しいですね。
2019 8/26 NO31
5年の禁固刑って・・・

人ってここまで希望を持てるものなんですか?
dakku

dakkuの感想・評価

3.4
リメイクらしい
原作あるらしい
それぞれ気になる
izumin

izuminの感想・評価

3.8
話0.8芸0.7人0.8心0.7結0.8
心も身体もかっこいい!
キャラクターの人間性が強くでていた。
友情と信念のものがたり

メリハリあって、美味でした!
台風様様で仕事がなくなり、その時やってるものを。前情報も特になく、パピヨンて名前は聞いたことがあったのでリマスター版なのかな?ぐらいの感じで観始める。始まって早々、クイーンの俳優が普通に変化ない感じだったので「あれれ?これって10年代?」と思ってたら、新作だったんすね!

しかし、この手の「沢山の男たち」の系譜、こういった男にまつわる語彙に釈然としない。「沢山の女たち」セーラームーンみたいな映画が観てみたい。キルビルとかになるのかな、なにはともあれワンスアポンアタイム〜楽しみです!
誤脂

誤脂の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

あの筏、どー見ても一人しか乗れないだろ…。
ぶみ

ぶみの感想・評価

3.5
アンリ・シャリエールの自伝小説『パピヨン』を、チャーリー・ハナム、ラミ・マレック共演で映像化した脱獄サスペンス。
作品としては、1973年にスティーヴ・マックイーン、ダスティン・ホフマン共演で公開された同名作品のリメイクにあたり、パピヨンと呼ばれる金庫破りが、ギアナの徒刑場に収監中、偽札職人のルイ・ドガ等と出会い、脱獄する姿を追う。
1973年版は未鑑賞。
ハナム、マレック演じるパピヨンとドガが性格や体つき等全てが対照的であり、だからこそ育まれていく友情が丁寧に描かれている。
人を人として扱わず、過酷な環境である徒刑場の再現度合いは凄まじく、ギロチンによる処刑シーンもあり、時に目を背けたくなるほど。
先日観た『ヒトラーの忘れもの』で、鬼軍曹を好演したローラン・ムラが、一緒に脱獄を図るメンバーとして何気に登場しているのも見逃せない。
脱獄という行為自体は決して褒められたものではないが、人権を無視した刑務所のあり方や、生きる糧となる愛や友情、希望を、見応えのある映像とともに伝えてくる一作。

これは、多くの男たちの物語。
>|