きよこ

ロケットマンのきよこのレビュー・感想・評価

ロケットマン(2019年製作の映画)
3.8
『ハグして』

オープニングから前半まではミュージカル調でワクワクして楽しくて仕方なかった。こりゃかなり上位に食い込んで来るかなって思わされたけど。。。後半の苦悩のシーンはミュージシャンあるあるで既視感があったり、ちょっと失速感が否めなかったのでこのスコア。

正直、エルトン・ジョンのことはほとんど知らない。歌は聴いたことがあるけど『キングスマン2』に出てきたときはキモいな、変なおじさんだなって興醒めしたの正直な話。偉大な人なのになんで変な格好してるんだろうって思ってしまった。。。(ナンカムチデスミマセン…)


でも間違ってた。


彼は稀有な天才で神童だったのだと。奇抜な衣装も全てエルトン・ジョンになりきるためのスペシャルな魔法のアイテム。兎に角、タロン様の憑依っぶりは神級。舞台前の死に顔のような表情からの変化が見事。彼を知ることが出来て、心からワクワク出来てよかったと思う。例えば遊園地のダンスシーンは最高だったし\(^o^)/


あの息子を抱いたシーンでは悔しくて心が張り裂けそうだった。今年観た映画のどんなシーンより哀しくて残酷よ。



それにしてもロケットのように打ち上げられて宇宙で燃え尽きる前に、普通の愛を知れてよかったなあってじんわりしました。


帰りの車のなか、満天の星を見上げながらエルトン様の幸せを願う。誰かをぎゅっとハグしたいなって思えたのでこれはこれで◎。