まゆーん

ロケットマンのまゆーんのネタバレレビュー・内容・結末

ロケットマン(2019年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

エルトン・ジョンが自分の生きてきた道を受け入れることを描いた作品。

幼少時に愛されなかったことや、ヒットしても人々から愛されるのは殻を被ったエルトン。出会った人に翻弄されながら、彼は自分自身を最後に見つけていく。あと最初から隣にいた人が大事な親友と気づくのも。幼少期の自分へのハグは、過去を受け入れる描写かなと思った。

音楽を通して物語が進んでいく。ミュージカルで見ていると踊りたくなるような素敵な音楽ばかり。薬やアルコールに溺れる姿は、リアルだったけども心に刺さる。ただの音楽映画だけではないとかんじさせた。

歌が上手で良い曲ばっかなので、サントラずっと聞いている。