あめり

ロケットマンのあめりのレビュー・感想・評価

ロケットマン(2019年製作の映画)
3.6
面白かった。けど、実在ミュージシャンの伝記モノということで、比べざるを得ない、ボヘミアン・ラプソディと。

ボラプは山場が盛りだくさんで、クライマックスにライヴエイドを持ってくるという名采配なのに対し、本作は中盤のユア・ソング誕生シーンが至高で他は及第点かなぁ。

エルトンの苦悩と華々しいステージとの葛藤を見事に演じたタロン・エジャトンは素晴らしい。

そしてバーニー役えらいイケメンですがリトルダンサーのジェイミー・ベルか!

ラストは「あ、ここで?もう終わり?」と盛り上がりにかけるのですが、後ろで観てたおばさまグループが「ホラ、エルトンはまだ死んでないからよ〜」と言い合ってて笑った。