ロケットマンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロケットマン」に投稿された感想・評価

タロンエガートンが歌うますぎる。両親の愛は偉大なんだなと、フレディの天真爛漫さとエルトンの闇を比べて思ってしまった。
もう一度見たいかと言われたら、沈むので見たくはないが、映画館で観れて良かったと思う。
hoichi

hoichiの感想・評価

3.5
your songだけで見る価値はある。
ユアソングが生まれるところで、
涙が出た…

鳥肌ものでした。
love1109

love1109の感想・評価

3.8
映画はこれまでも、名曲が生まれる数々の瞬間を描いてきたけれど、この作品の「ユア・ソング」は屈指の素晴らしさ。そのメロディの美しさはまさしく魔法のようだった。あまりに繊細だったがゆえに奇跡のように美しい曲が生まれ、そのことが一層、エルトン・ジョン自身を傷つけていく。天才だから狂人となるのか、狂人だから天才となるのか。アーティストの人生はいつもそのことを考えさせる。
ゆひ

ゆひの感想・評価

3.5
良かったけど全体的に暗い
 エルトンジョンに関しては有名な曲しか知らないくらいだけどとにかく曲がカッコいい!思ってたよもミュージカルミュージカルしてて、ところどころ「いやお前が歌うんかーい」ってとこもあったけど最初のショーのシーンなんかバチクソカッコよかったです。あとは本人の衣装とほぼ同じものだったりI’m still standingのMVとか最高にカッコよかったです!でも所々のカメラワークが素直にチープに感じた。
 
 全く関係ないけどTSUTAYA TVでレンタルしてみたんだけど画質が720p以上でなくて折角の美しいであろう映像がチープに見えてしまった…1080p以上でちゃんと見たいです。試行錯誤ですねこれは。
エルトンジョンを全然知らないというね。。。
キングスマンに出てきて、へえ、こんな顔してたんだあっていう感じ。

内容はベタなものだ。一気に売れるが、周りに騙され、薬に溺れ。
しかし、映像の華やかさと表現力が同ジャンルの映画とはケタ違い。冒頭の歌唱シーンですぐに心掴まれるし、時折歌やダンスがリズム良く挟まれるので心地いい。明るいメロディラインで、ストレートな歌詞。
その歌詞を書いてる人物を演じたジェイミーベル。やばい。かっこいい。
リトルダンサーが世界一好きな映画の僕はジェイミーベルがこんなにも立派に成長した大人になっていることにとても嬉しく思う。

まあもちろん、この映画はエルトンジョンの映画であり、彼を熱演したタロンの映画だ。
自分にとって何が大事かを考えろと、タロンの演技は観てる人に伝える力がある。

音楽がいい映画はそれだけで良作になるし、それ以外も良ければなお素晴らしいものとなる。
MTY

MTYの感想・評価

3.6
ミュージカルなの知らずに見たから最初思わず笑ってしまった。

映像ギミックに力入れてて、
キャスト宙吊りにしたりとか、色々試行錯誤が垣間見えて面白かった。
クラフト力の強い映画だった。

ただ、終わり方こんな感じでいいの?ってなった。
12g

12gの感想・評価

3.7
テーマがボヘミアン・ラプソディーと丸かぶりしてしまったのか。もったいない。悪くはないのに…。
たまに「男女で友情は成り立つのか」なんて言う人がいるけれど、それってゲイやビアンにとっては地獄だと思う。彼らにとって同性でも異性でも友情が成り立たないことになって、完全な孤独しかないことになる。エルトンにとってバーニーっていう完全な理解者がいるってのは本当に幸せなことだし、それに気がつける人はラッキーだ。
ストーリーには関係ないけど、やっぱり映画って女性が必要にできてるんだと感じた。女性っていう「共感」で生きている生き物を介して、主人公への共感を観客に見せるようにできている。特に愛を欲してるエルトンなんて共感にもってこいの的だな、なんて結婚シーンで思ってしまったり。
kuro

kuroの感想・評価

3.5
「ボヘミアン・ラプソディ」のような物語かと思っていたらミュージカル調だし、かなり壮絶な物語だったので驚いた。エルトン・ジョンの事をあまり知らなかったので、成功と挫折を初めて知った。
曲も全然知らなかったけど、「Your Song」は聴いただけで、すぐ名曲だと思うほど良かった。しかし他の曲は良いと思うものの、個人的にはあまり印象に残らなかった。
121分の中で怒濤の様に色んな出来事が起こるため、あまり感情がついていけなかった。タロン・エガートンの演技はとても素晴らしかったが、エルトンとバーニー以外の人があまりマトモな人物ではないので、全体的に重苦しかった。もう少し息抜きできる場面が欲しかったな。
でも「Your Song」を聴くために見る価値はあると思った。
>|