フーン国防相

キングダムのフーン国防相のレビュー・感想・評価

キングダム(2019年製作の映画)
4.0
はい!ついに僕の大好きなキングダムが映画で観る事が出来ました\(^o^)/

漫画では毎週ヤングジャンプで読んでるくらい好きです。

今回はコミックス4巻くらいまでの話なので、残念な事に僕の一番好きなキャラの羌瘣が出なかったです(;・∀・)

今回実写版の配役で、個人的に良かったキャラは、長澤まさみ演じる(楊端和)、大沢たかお演じる(王騎)

最初長澤まさみが楊端和?て思ってましたが、見事に合ってましたね(゚∀゚)

大沢たかおの王騎は迫力もあり、完璧な演技だったと思います。

そして一つ残念なのは、橋本環奈炎る(河了貂)
橋本環奈さんはショートカットが合わないような気がしました。

そして物語は
紀元前245年、中華西方の国・秦。戦災で親を失くした少年・信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、大将軍になる夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた。やがて漂は王宮へと召し上げられるが、王の弟・成キョウ(本郷奏多)が仕掛けたクーデターによる戦いで致命傷を負う。息を引き取る寸前の漂から渡された地図を頼りにある小屋へと向かった信は、そこで王座を追われた漂とうり二つの王・エイ政(吉沢亮)と対面。漂が彼の身代わりとなって殺されたのを知った信は、その後エイ政と共に王座を奪還するために戦うことになる。

邦画アクション映画の中で、今回のキングダムは中々の映画だったと思います。
漫画を知らない方も楽しめる事間違いなしですね(๑•̀ㅂ•́)و✧