ユースケ

キングダムのユースケのネタバレレビュー・内容・結末

キングダム(2019年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

ただただスピードマスターこと坂口拓のアクションが見たくて鑑賞。原作の漫画は全く興味が持てなかったので未読。オープニングから不自然な髭で不自然にマッチョな大沢たかおに苦笑い。これは期待できると思ったのですが…

とにかく、山崎賢人の芝居が酷い。大声を出してイキりまくるだけの藤原竜也フォロワー。山崎賢人ありきの企画だったとしてもこれは酷い。お前、どんな時にどんな表情してんだよ。ギャグの間の取り方イカれてんのか。【ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章】の大失敗はこいつのせいだと言い切れます。
坂口拓のアクションはダンチでレベチでしたが、山崎賢人とのアクションの格差を埋めるための激しいカット割で台無しでした。

とりあえず、山崎賢人は最低でしたが、超戦士ガンダム野郎(ボーイ)こと本郷奏多が醸し出す見事な小物感、長澤まさみが醸し出す神秘的な美しさ、そして、兵士を叩き斬って開戦の合図を出すシーンや兵士の士気を爆上げする演説シーンなど、登場シーンは全て名シーンと言っても過言ではない吉沢亮のキマリっぷりなど、案外みどころの多い作品でした。原作の漫画を読んでいればもっと楽しめたのかもしれません。

最後に、山崎賢人に罪はありません。彼を責めないであげて下さい。実力のない彼をゴリ押しする事務所が諸悪の根源なのです。アイドワナウェイ♪アドワナウェイーーーストゥナアアイ♪