キングダムの作品情報・感想・評価

「キングダム」に投稿された感想・評価

a

aの感想・評価

4.2
全体的に目の保養
アクションかっこよ…

大沢たかおの喋りのクセありすぎてハマる笑
Daijiro

Daijiroの感想・評価

3.1
製作費やばそう。
cinemaQ

cinemaQの感想・評価

3.5
みんなそう叫けばなくてもいいのに。
長澤まさみがマスクしてる時の声とか、今時あんな警察24時みたいなボイチェンどうなんだろ。
長澤まさみ自体はエロくて良かったけど。
「完成度十分な歴史アクション大作」

原泰久の同名漫画を実写映画化。監督は漫画実写化のパイオニアな佐藤信介。当たり外れが激しい佐藤監督だが、今回は当たりの方だった。

原作は実は未読で、アメトークで特集されたぐらいの知識しかないんだが、それが功を成したかどうかはわからんが、面白かった。邦画でここまで歴史戦国モノを再現しただけでも凄い。残念ながら海外の大作映画の再現度からしたらどうしても劣ってしまうが、それでも相当頑張ってるんじゃないか。

この映画が面白かったのはキャスティングの上手さ。皆良かったが特に印象に残ったのは一人二役を演じた漂/嬴政役の吉沢亮。拍手を送りたくなるほどの演じ分けだった。嬴政の冷静でありながら熱い野望を秘めたキャラも良いが、個人的には漂の自己犠牲ぶりに泣きそうになった。その後回想で漂が出るたびに号泣したわ。自分でもなんでこんなに漂に思い入れが強くなったのか分からんが。大将軍になる夢を実現できる人物=信にその夢を託すことができるからこそ自分はその礎となれた、と思うと切ないよ。

楊端和の長澤まさみも美しくてエロいだけじゃなくどっしり山の王ぶりが出てた。大沢たかおの王騎は賛否両論ありそうだが、自分は全然アリ。あの大沢たかおがカマっぽく喋ってるのを見るだけで笑いが込み上げてくるが、キメるとこはバッシリキメる。大柄な姿も合っている。

どうやら原作5巻までを映像化したらしく、話的にも序盤も序盤。しかし、多くを望まず敢えて5巻までを映像化したことによってストーリーも分かりやすく且つ熱く、そしてこの先のストーリーを知りたくなる上手い作り。実際にこの後満喫行って原作一気読みしようと思ってます。

しかし不満もある。アクションシーンが多目でそれなりに殺陣満載の熱い場面は多いが、目を見張るモノはあまりない、至って極平均のアクションだったかな。そこは徐々に小慣れてくるか。あとエンディングの曲が全然あってない。ワンオクは嫌いじゃないが、そこは違うだろと。そこはアニメ版と一緒で良かったよ。

続編はどうだろう。このままだとあと10作ぐらい作らないといけないだろうし、中途半端に映像化するならこの一作で終わりなのも良いかも。

追記:と思ったらどうやら続編はもう決まっているようだった。あまりペースを開けないで公開して欲しい。
こっからはドラマでじっくり観たいけど日本じゃ叶わないか…予算的にも。
原作30巻くらいまで読んでたのでこの辺りの話は知ってるけど、駆け足ながら第一歩の部分までをオリジナリティ入れつつ上手くまとめてたし、演技はまぁコミックだし熱量とオーバーな感じだから置いといて、キャラ寄せはアジアで歴史系って事もあって現実味あって近い!
レッドクリフとかHEROとかあっちの歴史スペクタクルアクション映画くらいの見応えはあった!知ってるコミックキャラと言語とハリウッドほど派手な演出がないってのもデカイけど。
でもやっぱキングダムは摘んで映画化していくよりドラマでシーズンに分けてココ!って所は映画で観たいなー。
そもそもこっから秦の始皇帝に登り詰めるまでの話なんて映画5本撮っても収まらないし、とりあえず原作コミックのめちゃくちゃ良い宣伝になったのは間違いない!また読みたくなった。
moviegoer

moviegoerの感想・評価

4.1
凄くよかった!
漫画は一巻だけ見て、ほとんどストーリーを知らなかったので、より楽しめました。
続編の制作に期待です。
久しぶりに成功した、漫画の映画化かもしれませんね。
個人的には、るろうに剣心を思い出しました。笑
ken

kenの感想・評価

2.0
長澤まさみと大沢たかおが可愛いだけの映画
顔面偏差値たかすぎくんたちのアクション映画
結構楽しめた、剣技はカッコイイな
もも

ももの感想・評価

4.7
最高のエンターテインメント
>|