斬、の作品情報・感想・評価

斬、2018年製作の映画)

上映日:2018年11月24日

製作国:

上映時間:80分

3.7

あらすじ

「斬、」に投稿された感想・評価

k2

k2の感想・評価

3.3

【あなたが仇をとって!】

武士に憧れる弟を無惨に殺された「ユウ」は泣きながら叫んだ。。。
若き浪人の「モクノシン」に。

しかし、彼は「木刀」では腕が立つが、
「本身」を抜く事が出来なかった。


ーーー彼のバックボーンが語られないので、勝手な解釈ですが。。。

あの幕末の動乱の時代には、彼はナイーブすぎたのか。。。

ーーー現在の我々のように。

太平の時代が長く続いたからだろう、若い彼は人を「殺める」事を受け入れず、
「血の報復」も拒んだ。

ーーー今の時代を投影している。。。



【てんとう虫は、上へ上へ。。。
登り詰めたら、飛び立つ。】

ーーー彼は、あの、「二つ星てんとう虫」のように、何処を目指して飛び立つのだろう。


しかし、あの「二つ星」は草木の上ではなく。。。
そびえ立つ大樹の根元をまださまよっていた。





「池松壮亮」と「蒼井優」の共演に目を奪われDVDを手に取りました。
しかし、「サワムラ」を演じた塚本晋也監督の「作品」でしたね。これは。。。(笑)
映像と自然光と音が良い!心の平穏バランス太平を望んでいるのに…斬る事を強いられる、結局は武力で抗うしかないって切ないね、時代って流れだけで真剣で斬り合い命を奪い合うっていう異常さ…その事への慣れ。
宮本から君への主演2人か!画やストーリーの静から動じゃないけど、静のシーンでもこの2人なら持つし、動の爆発的な演技が画に厚み増すなと感じた。殺陣も凄い!
鞘から抜いたり納めるあの鋭利な金属音に重量と恐怖を感じた。その重みが、これは人を殺す道具なのだなとゾクっとさせられる。人を斬る、人を殺める、という事はどういう事なのか。それは幕末でも太平洋戦争でも現代でも心情はそう変わらないんではないのか。そう思うと侍とはいえ一線を越える事は本当に良い事なのか?杢之進のその気持ちってそんなに恥じゃないよね。怖い、斬りたくない斬りたくない、あぁクソ、斬りたい斬りたい、斬りたいけど斬りたくないからとりあえず抜くか(オナニーするか)!である。迷った時とりあえず抜いてから考えようとやった事のある人、手をあげなさい。はい、全員ですね。
知り合いに元刑事さんがいて思い出したんですが「刑事してからチンピラだろうがヤクザだろうが全然ビビらなくなったけど殺人犯と初めて対峙した時はビビった。一線を越えた目がめちゃくちゃ怖かった」って言ってましたね。そういうのやっぱりあるだなぁなんて感心した覚えがありますね。
平和主義者だけど覗き見で自慰したり、人を切りたくないだけでなく切れないという半端者を描いたという事だろうか。
これに限った話ではないが刀などの物や自身に対する演技はともかくとして、やはり対人への池松壮亮の演技はイマイチに感じる。
80分の短尺も手伝って最後まで何とか観れたがその仕事の多くは撮影スタッフとメイク、造影の陸田千春氏によるものが大きいと思われる。
もっと氏の名前が大々的に出されても良いと思われる。
あわわわ。こんなに後味悪いエンドロールは他にない。

問題作とわかっていたし、苦手ジャンルってわかってたけど、蒼井優×池松壮亮が観たかったんですよ。

人はなぜ人を斬るのか。

人間はなぜ武力行使をするのか。
と、問われてるようだった。

せざるえない理由があったら、人を殺すとゆう一線を越えてもいいのか。その一線をリアルに感じさせながら、生死の重さを考えさせられる映画でした。

すごい荒治療とゆうか。問題作って言われるのわかる。このエンドロール、一線越えた先の世界観を味あわされている感覚になるもんね。

このレビューはネタバレを含みます

250年に渡り平和だった国内が、開国するかどうかで揺れ動いていた江戸末期、貧窮して藩を出て、農家に身を寄せていた杢之進は、農家の息子である市助に剣術を教えていた。市助の姉・ゆうは、農家の息子が武士かぶれすることを嫌がっていたが、市助本人がその気なのだから仕方ない。杢之進は、時代の変化を感じつつも、農家の仕事を手伝いながら穏やかな生活を続けていた。
しかしそんな杢之進も、やはり江戸へと向かう決意を固めていた。「死ぬの?」と聞くゆうに「死にません」と返す杢之進。杢之進に惹かれるゆうは、行ってほしくない気持ちを押し隠しつつ、杢之進と関わり続ける。
ある日、果たし合いの場面を目撃する。圧倒的な強さを誇った男が、杢之進らに話しかけてきた。澤村と名乗った男は、江戸へと向かう仲間を探していると言った。杢之進は誘われ、市助も控えとしてではあるが声を掛けられた。
その出立の前日、悪い噂が聞こえる荒くれ者達が村の近くに居座るようになった。村を守るためにもう少し留まって欲しいと村人は願うが…。
というような話です。

個人的には、そこまで惹かれる作品ではなかったなぁ、という感じでした。時代背景が明確に説明されないし、それぞれの個々の事情もイマイチよく分からないし、当時の武士の生き方なんかに関する知識もあまりないので、どういう見方をする映画だと想定されているのかがまずうまく掴めなかったな、と感じました。読み取る力とか、この時代に関する知識がある人には問題ない映画なのかもしれないけど、僕にはちょっと彼らの心情や葛藤なんかを読み取れるレベルにまで、そもそもこの映画の背景的な部分を理解できなかったという感じがします。

だからでしょうか。杢之進やゆうの、泣き叫んだり震えたりするようなシーンが、僕にとってはあまり真に迫ってこないんですね。何故そうなっているのか、という理由が僕にはイマイチ把握出来ないから、彼らの感情の発露がピンと来ない、という場面が多かったです。

自分の読解力のなさを感じさせられる映画でした。
好きな映画です

塚本監督
又池松さんで映画とって下さい。
又 塚本監督と池松氏の2ショットが見たい
贅沢な画像だけでゾクゾクします
塚本監督の映画好きです。
殺陣の緊張感が…
メタ壱

メタ壱の感想・評価

3.7
江戸時代末期、とある農村に滞在している武士・都築。
村に仲間を探しにやってきた剣豪と、悪い噂の多い無法者集団がやって来た事で都築は岐路に立たされる事になる…というお話。

“人を斬る”という事はどういう事なのか。
大義の為、護る為、復讐のため。
人を斬る理由は様々あるけれど、殺人という行為一点においてそれは本質的に同じものであり、斬ると斬らないの間には明確な境界線が存在するのかもしれません。

そのはざまで苦悩する都築の姿は、今この国が抱える防衛に関する憲法改正の問題とも重なるように感じます。

その一線を越えたとき、そこに見える景色はこれまでと同じものなのか、それとも全く違うものなのか…。
>|