ザ・ファブルの作品情報・感想・評価・動画配信

ザ・ファブル2019年製作の映画)

上映日:2019年06月21日

製作国:

上映時間:123分

3.6

あらすじ

「ザ・ファブル」に投稿された感想・評価

qudan

qudanの感想・評価

3.5
原作漫画のファンだけど、映画はおもしろいっちゃあおもしろいけど、おもしろくないっちゃあおもしろくない、肉でも魚でもない一品。

主人公の頭の回転の速さを描写するシーンは、映像ならではで良かった。
岡田准一の身体ひとつで壁を使い2階3階へと駆け上がるシーンも、ファブルの常人ならざる表現がされていてよかった。

逆に言うとそれだけなんだよなー。

終盤の大乱闘は、画を派手にするためには必要だったのだろうけど、「ファブル」っぽさからは離れていってしまった。

柳楽優弥のデカい演技は、原作に対して新しい解釈とテンションを与えていて良かった。全員あのテンションでも良かったくらい。
ma

maの感想・評価

-
U-NEXTが死ぬほど止まるせいでアクションに集中できなかったのでまた見たい
MACOSUKE

MACOSUKEの感想・評価

3.5
原作と比べても遜色のない仕上がりッ!
なによりもジャッカル富岡に魅かれたッ!
BRZ

BRZの感想・評価

3.8
ジャッカル富岡を見て爆笑する岡田くんだけで満足出来る映画です。
こ

この感想・評価

3.8

もっと観たい

原作読むのは決めた📕📚
kzmttky

kzmttkyの感想・評価

3.2
原作に勝てず
nnn

nnnの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最強の殺し屋が一年間不殺の誓いをボスより立てられ、大阪の街で一般人として暮らす中、暴力団や他殺し屋との抗争に巻き込まれていく話。冒頭の派手すぎる暗殺シーンは映画全体を期待させる良い始まりだった(派手すぎるが)と思うが、そこからの大阪の展開がどうも面白味が感じられなかった。

特にクライマックスでは、最強と言われるファブルがあまり強そうに描かれていないのが残念。爽快さもそこで減ってしまっている気がする。ミサキ救出は理解できるが、小島をあそこまでして救出しようとするのも良くわからないし感情移入も出来ない。ファブルがそこまでして動かないといけない緊迫感もあまり感じられなかった。続編が決まっているとのことだが、方向性を変えてくれないとあまり見る気持ちにはならない。原作は未読。
あべゆ

あべゆの感想・評価

4.2
《ひきこもり映画祭 113作目》
なにもかも完璧な完成度のアクション映画ですね。“絶対に人を殺してはいけない殺し屋”という面白設定。しかも主役は凄腕かつ超世間知らずの天然男前。酒豪美女のバディがカッコいい。出てくる敵役も、みなヤバカッコいい。銃撃戦も、ひたすらカッコいい。

監督の江口カンさん、辛い料理食べまくるイベントなどで何度かお会いしたことがあるのですが、映画撮ってはるのは知らんかったなあ。次回作、めちゃくちゃ楽しみにしております!
Tomonobu

Tomonobuの感想・評価

3.3
岡田君、柳楽君頑張ってた!考えずに笑えました。
楽しかったです。
Coo

Cooの感想・評価

3.3
アクションが見たくて。
何も考えずにサラッと見れた。
特にあだーこだーというのは無くて、各演者の仕草を観察して楽しんでました。
>|