やしこ

さよならくちびるのやしこのネタバレレビュー・内容・結末

さよならくちびる(2019年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

マッサージをするホームレスの話をする門脇麦が良かった。柴田聡子のいい人が頭の中で流れた。
雰囲気映画になりきれない選曲だった。塩田監督の選曲が好きでないのかな。わたしは音楽を聴きに映画を観に行くわけではないけど、満足感はかなり音楽に左右されることがわかった。
その音楽、スクリーンという装置の中にあると、なんだか胡散臭く感じる。ファンの盛り上がりっぷりが描かれるけど、リアリティが少し混じると、胡散臭さが増す。雰囲気映画になりきれてたら好きだったかもしれない。
詩も、工夫してるなぁと思ったけど、でも、詩は本を触って読みたいと思った。文脈が大事だ……詩もまた嫌いじゃないのに胡散臭く感じた。
小松菜奈は相変わらず魅力的だった!