さよならくちびるの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「さよならくちびる」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

マッサージをするホームレスの話をする門脇麦が良かった。柴田聡子のいい人が頭の中で流れた。
雰囲気映画になりきれない選曲だった。塩田監督の選曲が好きでないのかな。わたしは音楽を聴きに映画を観に行くわけではないけど、満足感はかなり音楽に左右されることがわかった。
その音楽、スクリーンという装置の中にあると、なんだか胡散臭く感じる。ファンの盛り上がりっぷりが描かれるけど、リアリティが少し混じると、胡散臭さが増す。雰囲気映画になりきれてたら好きだったかもしれない。
詩も、工夫してるなぁと思ったけど、でも、詩は本を触って読みたいと思った。文脈が大事だ……詩もまた嫌いじゃないのに胡散臭く感じた。
小松菜奈は相変わらず魅力的だった!
karico

karicoの感想・評価

3.9
想定以上によくて驚いた。音楽映画のライブシーンで釣られて拍手しそうになったのなんて初めて。あいみょん作詞作曲『誰にだって訳がある』普通に良曲。門脇麦の声質に惚れた。伊賀大介素晴らしすぎると思ったんだけど、つなぎの衣装がこんなに似合う二人いる…?
スプーンでカツカツ掘るみたいにカレーを頬張って泣き出す小松菜奈が最高でした。
劇中歌が頭から離れない。
ずっと口ずさんじゃう。
あいみょんと秦さんやっぱすき〜

唐突に過去に飛んでところどころ時系列わからなくなるし、3人の過去もほぼ回収されず、?は残るけど、

歌ってる2人の声が透き通ってて聴いててとっても心地よいし、ナナちゃんと麦ちゃんかわいすぎるから、それだけでいっかってなる。

ああゆう、自由で離したらどっか行っちゃいそうで放っておけない、ネコみたいな女の子になりたい。
タバコが吸いたくなる吸ってないけど。そしてカレー食べたくなった。キャラ設定や背景が少し薄くてわかりにくい部分が目立った気がする。脇役みたいな人が急にだれ?とかが気になった。結局何を観てたんだっけとなってしまった。歌は良かったし歌詞も良かった。
みつき

みつきの感想・評価

3.6
歌も2人の歌声もとてもよかった〜
小松菜奈やはり可愛すぎる
栗原

栗原の感想・評価

-
@早稲田松竹
ちゃマ

ちゃマの感想・評価

4.4
流行りの役者だしとけばいい感じのやつだと思ったけど全然違った 音楽ものなのにちゃんと人間ドラマがおもろい
しいな

しいなの感想・評価

2.9
エモい役者とエモい映像、エモい雰囲気は味わえる映画。解散に至る経緯とか、バックボーンがすっかり抜けててモヤモヤが残ってしまう。でも、特にどこに焦点を当てるわけでもないというのも、さりげなくてよかったかも。ライブのシーン何度もあったけど、変化がなくて単調だった。
楽曲のシーンが多く効果的に使われていない気がした。しかしハルとレオの心情が複雑に変化し交差するシーンを絶妙に演じていた門脇麦と小松菜奈は素晴らしい女優であると再認識した。
バン

バンの感想・評価

4.0
欲しい才能を持ってる心友
配られたカードで勝負するしかないのさ

日本の音楽系映画にはなんとなく上から目線で見てしまう癖があるので、もうちょい軽めの作品だと舐めてたら良い作品で感動してしまいました。
バンド続けていくのは大変ですよね。

秦基博とあいみょんが作る曲とインディーズ感ある主役2人の声が最高にマッチしていてサントラ欲しい。
あとなんとなく東京少年はなぜ解散したのか…とか考えてしまいました。
>|