デス・ショットの作品情報・感想・評価

「デス・ショット」に投稿された感想・評価

Nyao

Nyaoの感想・評価

2.5
正直うーんって感じの後味でした。
ブルース・ウィリスが出てることで期待し過ぎたかも。
Ringo

Ringoの感想・評価

-
デスウィッシュだと思って借りたのに、デスショットやった。ブルースウィリスで出演者も一緒やし、ややこし笑
『デス・ウィッシュ』やったからってこの邦題…
原題:Reprisal(=報復)
なんだけど。

ま、中身も微妙だからいいか…(´Д`)

大物俳優を使いつつ、その活かし方が分からないのか、今のところ微妙アクションばかりを撮ってる監督の最新作です。



銀行員ジェイコブ(フランク・グリロ)は、妻と糖尿病の娘と共に、幸せに暮らしていた。

しかしある日、銀行に強盗が入る。

鮮やか過ぎる犯行の為、FBIはジェイコブが犯人と通じていたのでは?と疑い始めた。

容疑を晴らしたいジェイコブは、隣人の元警官ジェームス(ブルース・ウィリス)と犯人を追うことに。

そして見事、次の犯行を阻止するのだが………



この男、一撃必殺
え、どれ?

宣伝文句からダメダメである(´-ω-`)

グリロは銀行員なのでスカイラインみたいにはならないし、ブルース・ウィリスは今回ただのアドバイザー。

なので、一撃必殺はむしろ犯人(笑)
射撃の腕は素晴らしいし、何度もシミュレーションを重ね、完璧な犯行に及ぶのでまさに一撃必殺といえる。

しかし…
この監督はCSIとか、ドラマを撮った方が良さそうだなぁ~
ドラマでなら面白いと言えそうな作品ばかりなので。

イケオジとハゲを揃えてこれでは…
残念。。。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
なかなか展開が凝ってる感じが面白かった。
確かにブルースは、途中とラストにしかでないけど、そんなに気にならないかな。
家族愛を描いた作品でした。

2019年304本目
感想川柳「人間は 追い詰められたら 何でもやる」

予告が気になって観てみました。_φ(゚Д゚ )

警備員を射殺した犯人が大金を強奪し、逃走するという銀行襲撃事件が発生した。その周到な計画から、FBIは銀行内部に共犯者がいると推定。容疑がかけられてしまった銀行員のジェイコブは疑いを晴らすため、隣人で元警官のジェームスに協力を求め、独自の捜査をスタートさせる。ジェイコブとジェームスは犯人のアジトを突き止め、現金輸送車襲撃の阻止に成功。しかし、逃走した犯人はジェイコブの身許を割り出し、報復のために妻と娘のソフィアを誘拐する…というお話。


ブルース・ウィリスとフランク・グリロのクライムアクションですね。( ・ω・)

フランク・グリロの顔で共犯者と疑われても、そりゃしょうがないと思うのは自分だけ?(笑)

何の捻りもなく、犯人も分かってる状態でストーリーは進み、クライマックスは銃撃戦(*゚Д゚*)一昔前のハリウッド映画のようですね。

あのペイントが炸裂するやつがあったら、なかなか銀行強盗する人間も減りますわな。( ´・ω・)シ内部事情を知らないと絶対ムリだわ。

ただ犯人との攻防は思ったよりもあっさりめ。(^_^;)))客観的に見たらそんなに綿密な計画のように思えないんだよな~。

ラストは意外な方向に行きましたが(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
あれを見たらちょっと不安になりますよね。

ブルース・ウィリス出演!と謳っててもあまり活躍しない作品が増えてきた中、これはまあまあ活躍してますね。(* ゚∀゚)

金は人をおかしくする( ´Α`)そして国に見捨てられた人間もおかしくなる。




んでまず( ´∀`)/~~
A

Aの感想・評価

-
こりゃひどい

このレビューはネタバレを含みます

キッツイクライムアクション。
キッツい。
犯人像から、背景からまさに凡庸。
ブルースウィルスが、全く不要。
奥さんがセクシーだったとしか
記憶してに残らない。
観賞記録
2049

2049の感想・評価

1.0
酷い映画だろうなということは分かっていたが、予想をはるかに超えて酷かった。
「面白い映画をつくりたい」という気概や情熱を1mmたりとも感じない稀有な作品。

登場人物がとんでもないバカばかりで突っ込みが追いつかない。
犯人は自分の父親の会社の錠を標的の銀行で使うばかりか、(しかも非常に特徴的な錠。っていうか錠をそのドアに使う必要性も全く感じられない)その会社の倉庫を拠点にするというガバガバっぷり。しかも街中の倉庫の中で銃を撃ちまくる。そんなに銃声聞こえたら警察大勢来るよ…
冒頭の銀行襲撃シーンでは声すら出さず完全に素性を隠していたくせに途中から何も気にしなくなるのも笑える。

主人公は良く分からない動機で犯人探しに躍起になる。「疑われてるから潔白を証明したい…」なんて言ってたが、その理由を使うにはFBIの疑い方が浅すぎる。あの程度の疑われ方で犯人探しするって言われても…
ブルース・ウィリスは苦虫を噛み潰したような顔で佇む野次馬にしか見えない。
この2人が捜査ごっこしてるシーンと、犯人が訓練してるシーンがカットバックでシリアスに映されるもんだから笑いそうになる。
しかも捜査ごっこであっさり犯人発見。まぁガバガバ犯人だから見つかるのはしょうがないとして、警察やFBIはどれだけ無能なの?

犯人の父親のエピソードは犯人の動機に繋がって来るんだろうなと思ったら全く繋がらない。作り手はあれで繋いだつもりなんだろうか…
主人公の娘が低血糖発作を起こすかもしれないというサスペンスも、雑すぎて全く意味を成してない。

ラストの銃撃戦も滑稽という言葉しか出てこない。何故応援に来た警官が二人だけなんだよ…
パトカーから降りてきた警官が、隠れもせずパトカーの前にジリジリ出てきて撃たれるシーンなんかギャグかな?と思ってしまう。

カメラが異常にダサい!本当にダサい!

主人公の妻が金の心配ばかりしてるのも凄く気持ち悪くて嫌なシーンだったなぁ…「解雇されないわよね!!??」ってそれより死にかけたんだから旦那の心の心配をしてあげてよ。

とにかく良いところが何一つない映画でした。やっつけ仕事もいいところ。ブルース・ウィリスは仕事選んでよ。お金がないんだろうか…
>|