ウィショウスキー

ドクター・スリープのウィショウスキーのレビュー・感想・評価

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)
3.1
レビューの前に。
名前変えました。旧ますかわです!



“輝き続けて”


シャイニング、ドクタースリープとも
原作未読。それを前提としての
レビューです。


キングがキューブリックの
シャイニングを酷評したのは
有名な話で。でも私は
キューブリックの世界観が大好きです。
だからこそ、あのビジュアルのまま
ホテルが再び登場するシーンは
キューブリック版へのリスペクトを
感じ、テンションマックス!!


ただ、あのシャイニングの
続編!!とすごい押すから
期待値が高くなりすぎちゃって…。
キューブリックの世界観の魅力は
なぜ、とか、どうして、を
追求しすぎると掠れてしまうかな。
逆にちょっとでも説明するなら
中途半端は気になっちゃうし。
続編=あの世界観再び、
と期待しすぎた私が悪い。
要するに、キングの原作に
近づけようとした結果キューブリック
をおす私が馴染めなかったということ。

でも、あのシャイニングでも
印象深い心臓音をふんだんに
盛り込んでくれて、それは
個人的に好き。



ただ今itの原作を読んでいる途中
だから終わったら、
シャイニング、ドクタースリープを
読もう、そうしたらまた
見え方が変わるかな、と思いました。