maverick

ドクター・スリープのmaverickのレビュー・感想・評価

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)
4.1
スティーブン・キング原作の2013年の同名小説の映画化。あの『シャイニング』の40年後を描いた続編である。

『シャイニング』を未見の方はまずそちらから。自分は本作を観るにあたっておさらいすることはしなかったが、前作を一度観て大まかな内容を覚えていれば問題はない。「シャイニングってこんな話だったかな?」と思いながら本作の物語に引き込まれていった。丁寧な作りだし、話が進むにつれて前作を思い出す。後半はもろ『シャイニング』の世界。小ネタも多く、前作をきちんと知っている方が繋がりを楽しめることは間違いない。

ホラー映画なのだが、そこまで怖くはない。ぞっとさせる部分はあるが、それよりも知的で芸術性を感じさせる作品。あの名作の系譜を引き継いでいると思わせる作品性だ。前作の男の子の成長した姿を演じた、ユアン・マクレガーの演じ様によるところも大きい。レベッカ・ファーガソンも存在感抜群。知的な作品に見合った質の高い演者が揃っており、物語へ没入出来る心地よさがあった。

キューブリック監督の『シャイニング』と比べると味気無さはある。ただ、あちらは映画史に残る傑作だが、原作者のスティーブン・キングは本作の方を評価していて。キューブリックは原作をかなり変えて、それが逆鱗に触れてしまった。本作は『ドクタースリープ』の原作になるべく忠実に作られながら、『シャイニング』で変更されてしまった部分の回収をも担っている。映画版『シャイニング』からの橋渡しだけでなく、小説版の救済をも行っているのだ。それを1本の映画で上手くまとめたのは実に鮮やかだ。


怖いんじゃないかなと敬遠したくもなったが、あの傑作の続編となれば気にもなる。観てよかった。これは前作もまた観返したくなる。キューブリックの天才性と、ジャック・ニコルソンの狂気をまた味わいに行くか。