Q

僕はイエス様が嫌いのQのネタバレレビュー・内容・結末

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)
3.6

このレビューはネタバレを含みます

ユラがカズマへの手紙を書くシーンで察した。この映画の作者が、映画を手紙代わりにして特定の誰かに何かを伝えようとしてるんだ と思った。
「この映画を若くして亡くなった友に捧ぐ」という文を最後に出さなくても伝わる。でもそれがあることによって(誰かに伝えようとしてる映画)って考えが確信に変わった。
(この人にこれを伝えたい)という明確な作者の思いがある作品は強いな。

別荘でユラとカズマが遊んでるシーン、内藤瑛亮だったら、うっかりどちらかがどちらかを殺させるシーンにするんかなと思った。

カズマが轢かれるとこびっくりした〜。
音でかかった。ちゃんと車と人がぶつかってる映像でびびる。
その次のシーンの連続、悩ましげなイエス様とか神妙な面持ちの先生とか、カズマ死んだと思わせといて実は生きてるのよかった。その後カズマ死ぬけど、ゆっくり死んでいってよい。

ユラが答辞読み終わってお祈りするとき、聖書の上に現れたイエス様をダンッ!て手で踏み潰すのよかった。

カズマとユラが神社にお参りするとき、手の組み方が仏教とキリスト教で違うのよかった。

キリスト教の教育機関に通う子供の親って、ちゃんと信仰がある親が普通だよな。私の親ちょっとおかしい、とわかる映画。