kotomi

僕はイエス様が嫌いのkotomiのレビュー・感想・評価

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)
3.4
クリスチャンの家庭で生まれて、今は自分の意志をもてる身となっては、ちょっと期待しすぎた。

けれど、神様という存在は見えないからこそいいのかと思った。
見えたら見えたで、いい意味でも、悪い意味でも親近感がわき、きっとより「何で?」ってことが増える。

あと、キリスト教の学校とかなのに先生が子供のことを考えられてなくて怖い。。
周りのひとたちより、愛のことを学んでるはずなのに、相手のことを考えられない行動してると、サイコパス感を感じてしまう。


キリスト教、仏教関係なく、神様に頼ってるところがよかった。
常に人間は何かに頼りたかったり、何かのせいにしたいんだなぁ〜。

いや、そもそもユラくんは本当にイエス様が見えていたのか、それとも一人一人違う神様がいる、ということなのかは考えどころ。