den

僕はイエス様が嫌いのdenのレビュー・感想・評価

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)
3.1
私もイエス様が嫌い。高校からキリスト教の学校で3年間毎日朝の礼拝を続けたけど、人間はあまりになんでも祈る。台風で電車止まった時に阪和線動かしてほしいって祈っててなんだよそれってチャプレンに対して思った。祈りはどうしようもない。祈られる側だって仕方ない。祈りなんて結局は思い込みにすぎない。

物事の分別がつく高校生だったから良いものの、小学生、ましてやあんなにガチガチのミッションスクールに突然おかれたユラくんの戸惑いは仕方ない。そもそも、全員が進学して私立も当たり前に選択肢に含む高校とは違って、わざわざ小学校から公立を避けて大した進学校というわけでもないのにミッションスクールに入れるのは大抵は親の意向で、そういう子は大抵宗教2世で生まれた時から当たり前に祈り続けていただろうからユラくんはよく頑張ったよ。無宗教者と宗教2世と自ら宗教に入った人間とはどれだけ普通に見えても根本の部分が違う。だから最初からうまくできなかったんじゃないかな。祈る対象もなくして、祈りたいことだけが増えたこの先ユラくんは宗教2世だらけの学校でどうやって生きていくんだろうな。