ao

僕はイエス様が嫌いのaoのレビュー・感想・評価

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)
3.7
映画館で予告見たやつ!洋画好きな人が有頂天で叩く系邦画の立ち上がりからのタイトル前超展開に驚かなかった人いるのかな
地に足がついた映画の中の異質な要素だけどラストで活きてくるのでよかったです

他のユーザーの感想・評価

よねじ

よねじの感想・評価

3.5
主役の男の子がよかったですね。
比較的短い作品なので、観やすかったです。
染

染の感想・評価

3.0
人って、昔から何事にも因果を求めたがる。

見えない存在だからこそ
自分の都合の良いように因果をでっち上げられるのが信仰のいいところなんだろーなーと思えた。

「僕は神様なんて信じない」って言う題でなく
「僕はイエス様が、嫌い」にしたのは
秀逸だと思いました。

あと、主人公の子と自分が似てるとこあるなーと思いながら見てました。
FF

FFの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

前半の暖かい静かな空気感が好きです。
子役の子達の演技も見やすくて長さもちょうど良かったです。

ラストのシーンのドンッはびっくりしました。
ゆ

ゆの感想・評価

-
うわーーーーー良かったーーーーー
最後潰すとこめっちゃいいーーーーー
きろく

きろくの感想・評価

4.1
まずポスター写真がめちゃくちゃ良い

独特な色味
ずっと平行が保たれていたのに、
最後、崩れる画角

話の構成

絵の切り取り方

私が小さい頃から思ってたことを具現化してくれている
もっと評価されるべき映画だと思う
るる

るるの感想・評価

3.5
派手さや特別感は無く、淡々と描かれているので好き嫌いが別れる作品。
だが、台詞ではなく映像や出演者の表情などで心情がリアルに現れている。
監督脚本などを手掛けた方の「この映画を若くして亡くなった友に捧ぐ」という言葉でこのリアルさに合点がいった。

神に祈り、神を信じて救われる事もあるのだろうが、現実に起きる全てを救ってくれるものではない。
信仰心の強かった母親の絶望が物語る。
あらた

あらたの感想・評価

5.0
『ミナリ』に続いておばあちゃんの隣で寝る少年の映画で、こんな偶然があるのか!と思ったが、だからなんだという感じでもある。
いい映画でした。
映像の質感が好き
自分の意思のもとで宗教を考えて生活をしたことはないけど、祈りに似た様な行為に心当たりはある
目に見えないものだから都合よく縋ることもできるけど心許ないと思う時もある
最後の上空からの映像、2人が雪の積もった校庭でサッカーをするシーンは、確かに存在した時間が印象づけられてる様で苦しい
kana

kanaの感想・評価

3.5
ゆらくん最初のお祈りの後に、タイトルコール。どっひゃーと思ってたら。。。の展開。
手のひらイエスがシュール
かばぁ

かばぁの感想・評価

3.5
なにが本当でなにが空想なのか難しかった。

見えてたとしたら子供が事実と異なる文章を書くのかなと思うし
見えてなかったらアレはなんだったのかと思うし。

難しい。
「僕はイエス様が嫌い」の感想・評価を全て見る

aoさんが書いた他の作品のレビュー

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

3.7

終盤突然パワーーーー!!!だなと思ったけど原作ちゃんと追ってればパワーーーー!じゃないのかもしれない…という要素が多かった 歌が良かったです

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

4.6

質が良い〜…になった 山田裕貴声優クソ上手くて笑う 上原ひろみ良すぎ
タイトル回収が最終盤だったのでタイトルロゴばーん!はエンドロール直前にやってくれたらもっと好きだったしCGのポリゴンが少ない気がす
>>続きを読む

エゴイスト(2023年製作の映画)

4.1

「鈴木亮平がゲイ役」以外の情報がないまま観に行ったけど最終的に隣の知らないおじさんと同じところで身じろぎして同じところで泣いたね
構図が変なシーンが結構あるのでストレスフリーの画面じゃないけどわざとや
>>続きを読む

アズーリの夢: ウェンブリーへの道(2021年製作の映画)

3.6

でもこの後負けるんだよね…とは思ったけど次のW杯が楽しみ!ユヴェントスのドキュメンタリーで好きになった選手は選出されないだろうけど

コレクター(1997年製作の映画)

3.3

こういう映画って何を目的に生み出されたのか謎 今作ったらラストシーンはもっと違う形になると思う

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.0

オチわかってても楽しい映画は良い映画だな え、なんか唐突だな…と思ったらちゃんとひっくり返されたのも良かった
カーターの友達が伊東純也に激似