海獣の子供の作品情報・感想・評価

「海獣の子供」に投稿された感想・評価

tarupon

taruponの感想・評価

3.5
子どもから情報をもらい行ってきました。
わけわかんないという評判もきいていたので、
とりあえず映像と音楽を楽しみに。

うーん、確かに細かいところを突っ込んだら負け(笑)な感はある。(そもそも海と空の存在って何なの?とか  それについていける琉花はどうなってるの?とか) でも、究極そんなことはファンタジーだし大して気にもならない。それよりも提示される世界観、情報量が多くて1回ではとても咀嚼しきれない。原作読んだら面白いんだろうな。
琉花の抱える背景が、海空の呈示する世界とどう繋がっていくのか、そこまでは消化し切れなかった。

とにかく、海の中の世界のダイナミックさ、生物誕生の神秘 その映像の圧倒的な迫力!これに尽きる。久石さんの音楽もマッチしていたと思うし、米津玄師の曲も心地よかった。
リョウ

リョウの感想・評価

4.4
この映画のせいで人生めちゃくちゃになりそう、やめてください。
comasako

comasakoの感想・評価

3.5
たぶんこれはみんなで不思議を体験する映画。結局なんだったのか分からなかったけど、それでいい気がした。原作の漫画は読んだことないけど、このお話しに、音と色と動きが加わって良かったなぁと思った。
星を見上げたときの、「光っているのは見つけてほしいからだよ」っていうセリフが好きだった。
茶乃

茶乃の感想・評価

4.4
これは原作の漫画をまず読んでから観ることをオススメします
もちろん、映画だけでも十分まとまっていていい作品です
ですが、原作の漫画の情報量はこんなもんじゃない
原作を読んだ上で観た方が理解が深まりますし、楽しいと思います

映像がとにかく綺麗
美しい
切り取って壁紙にしたいくらい
絵が本当に原作のまま
制作陣のこだわりを感じます

少し脱線しますが、主題歌の海の幽霊
これは原作を読んだ上で歌詞を読むととってもエモいです
さすが原作ファンである米津玄師
あとこの曲はMVと合わさってこそ威力を発揮します

来年に円盤化しますので是非に
原作未読。最後にいくにつれて、何をみせられているんだ?という気持ちになるが、美しく、海の中にどっぷり浸かった気分になる映像だった。またみたい。海の幽霊、愛聴。
映像美とコンセプトにやられた。
大好きでしかない。
海洋生物が大好きで、海も好きな私にとっては最高の映画だった。
観たあと、すぐさま海に行って潜りたく(海と生物を感じふれあいたく)なった。そうもいかないので雨に当たって帰りたくなるほどだった。
即、水とふれあいたくなりました。
DVDを買って何度もその映像美を堪能したいと思っています。
GEKI

GEKIの感想・評価

4.0
中盤から話についていけなくなったけど映像は素晴らしかった。
(『きみと、波にのれたら』の所で語った。 原作の微細・手作り・壮大・捕まえ難さこそ味わいの宇宙を、デジタル・文化や科学資料踏まえ・キャラや行動力の表現絶対、の明晰を都度極め、並べてゆく姿勢で、全体の強さ・ポイント押さえの一貫を成し、端折ってても、肩を並べるものとしている。)
未

未の感想・評価

4.3
話が分かったかと聞かれたら全然分からなかったけどそれで良いよと言うか地球だしそりゃそうじゃん?みたいな気持ちになれましたね。概念大好き。海が好きなので映画館で見れてよかった
リオ

リオの感想・評価

4.2
これがアニメかああ〜!生命の神秘をひたすら美しい映像によって描こうとする力作。アニメーションでしかできないような素敵な表現がちりばめられてて終始息を飲んで見てた。ルカのお腹の底と鯨のソング。海と空。金色の睫毛。好きなシーンはやっぱり海中シーン全般かなあ。
>|