おんちゃん

アルキメデスの大戦のおんちゃんのレビュー・感想・評価

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)
4.3
日本と欧米諸国の戦争が激化しだし
日本政府は新たな軍備拡大を検討していた。
海軍では新型戦艦建造計画会議が行われ、
時代の変化を感じ取っていた海軍少将
“山本五十六”(舘ひろし)はこれからの戦争は
航空部隊がメインになると考え
機動力重視の航空艦隊の案を提案する。
その一方で海軍造船中将“平山忠道”(田中泯)は
大きな主砲で世界に誇る超巨大戦艦の
建造計画を提案し、平山案と山本案での
意見が対立し争いが起こる。
そこで山本は平山案が戦艦の規模と建造費の
あまりにも比例しない金額に違和感を覚え、
そのは不当な部分を暴き、山本案を進めようと
考え出す。山本は超巨大戦艦建造計画を
阻止する為、帝都大学を中退したが数学の
天才と呼ばれていた学生の“櫂直”(菅田将暉)に
海軍省経理局特別会計監査課の課長に任命し
平山案の不正について暴こうと依頼する。。


最初は戦争系のお話かと思ってたんですが
完全なる頭脳戦の映画でした。
そして戦争時の話ということもあり、
頭のお固い方々がたくさん出てこられ、
さすが昭和初期が舞台のお話だと感じました。
これは中傷になるのだろうか。。笑
「シン・ゴジラ」といい日本はアクション
映画よりこういった戦いの前の議論の部分を
映し出した映画の方が相性がいい気がします!

この映画もラストは正直、驚きました。。
あんな終わり方があるなんて。。
この映画を見るとやっぱり戦争って
誰も幸せになれない行為なんだと改めて
感じさせられました。
「日本人は負け方を知らない」、この言葉は
まさにその通りだと思いました。
この映画を見た後、改めて日本の歴史の
勉強をしたくなります。。