tarupon

アルキメデスの大戦のtaruponのレビュー・感想・評価

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)
4.0
冒頭の巨大戦艦大和の沈没シーンは、圧巻!さすが、VFXの山崎監督!と思わせる映像で、そもそも戦艦とかには全く興味のない私でも、迫力に思わず見入ってしまう。
そして、その場面で撃墜されたアメリカ軍の飛行機からはパラシュートで乗組員が脱出して、味方の飛行機がそれを救助する場面が入っている、日本はカミカゼ特攻隊で、片道切符の攻撃だったけれど、そんなところに差を感じさせる。(永遠の0は特攻隊の話でしたね)

映画自体は、数字でいろいろなことを解き明かし主張していく櫂(菅田将暉)のキャラクターも面白かったし、困難を乗り越えながらのストーリーも、会議の場面からの平山中将(田中泯)による二転三転の展開も面白かった。

でも、何よりも見終わって感じたのは、あれだけあがいても戦争への道は結局変らなかったこと。
山本五十六も(舘ひろし)も櫂も平山も、みないろいろ考えていてわかっていて、あれだけ国力の違いのあるアメリカに勝てっこないって思っているのに、戦争への道を結果歩んでいくことになる。あの時点では、もう引き返すのが困難だったとしたら、どの時点でどうすれば引き返せる流れに変えられたのだろう。そして、そもそももうあの時点では引き返せないっていうことはやっぱりあるのかしら。
今の社会情勢も、ナショナリズムが台頭していたり、いろいろな不安要素がある中で、気が付いたら引き返せないなんてことにならないようにしたいと思うのだけれど。

平山の「日本人は負け方を知らない」という言葉が、心に残った。
私達は、メンツのために突っ走り、戦争をしたくないのに周りに流され嫌だと言えず、玉砕するまで負けを認められない そこからどのくらい変われているんだろうか。