アルキメデスの大戦の作品情報・感想・評価・動画配信

アルキメデスの大戦2019年製作の映画)

上映日:2019年07月26日

製作国:

上映時間:130分

4.0

あらすじ

「アルキメデスの大戦」に投稿された感想・評価

AKI

AKIの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

浜辺美波さんがとにかく美し過ぎる。

田中泯さんが凄過ぎる。
田中泯さんが出演している映画は何本も観ているが、今回の映画は格別だった。

菅田将暉さんが終始カッコイイ。
白い軍服姿が特に良かった~。
ラストシーンで見せた涙がとても美しかった。
Yellowbird

Yellowbirdの感想・評価

3.5
久々に邦画で面白いのみました!最初のシーンの意図は最後のシーンで納得しました。

おじさま方が素敵でした。
日本人は負け方を知らないってのがなんか、しっくり来た
machori

machoriの感想・評価

3.5
機内鑑賞
ワンコ

ワンコの感想・評価

4.2
「積算ではなく…」
積算じゃなければ微分だ!?と思ったが、そんな単純なものじゃないらしい。原作は読んでいないので、読んだ人に聞いたところ、正式には偏微分の何とかという方程式とのこと。
個人的には、微分と思った瞬間に最大のクライマックスになった。
しかし結果、恐ろしく不可解な戦争に日本が突入する序章に過ぎなかった。
山本五十六が、早期講和を望んだという話はよく聞くが、平山は象徴的な戦艦大和が撃沈されることによって日本人が敗戦を自覚するという、更に先のシナリオをもって、楷と共に戦争に向かって行く。
だが、実際は、日本は戦艦大和の撃沈で戦争を終結させることはなかった。
2度の原爆、本土の至る所への空襲と多くの一般市民の命という代償を伴わなくてはならなかったのだ。
戦艦大和は、撃沈されてもなお日本人にとって希望の船であり続けた。きっとものづくりの象徴でもあり、戦後復興への願いでもあったのかもしれない。
戦争を賛美できずとも、美しいと感じる不思議な船だ。
宇宙戦艦ヤマトとして現代に蘇ったのも、そんな背景があったのだろうか。
当時でも既に時代遅れの船だったのかもしれないが、確かに美しい船だ。
みん

みんの感想・評価

4.0
85歳祖母「ほら、最近さ〜戦艦大和の映画やってるじゃない?おばあちゃん戦争のとき生きてたから大和とか詳しいし懐かしいのよね」

私「(察してちょっと黙る)」

祖母「かっこよくて、歌も歌う人も出ている映画なんだって」


私「観に行く?」

祖母「あなたが興味あるなら一緒について行ってあげてもいいわよ」

私「なんやねん」
大和の存在は戦後まで一般国民は知らなかったのでは。そのために、予算も定額にして敵を騙すには味方からの発言を平山はした筈だけど。なので最後の平山の話ー国民に敗戦を決意させるーと整合しない気がします。

しかし、
いやこれは良いわー。
もしかして山崎監督の最高傑作かな。映画としての語りの旨さが印象に残ります。役者も、菅君は勿論、
館さんがこんなに上手い人だとは思わなかった。

田中minの台詞回しも昔に比べて格段に良くなって、その分、もともと存在感のある人だから、そこら辺の役者は敵わない。もう俳優ですね。

芝居が出来てるから、監督お得意の映像表現も生きてます。
誰かは言えないが、終盤で異様なまでの存在感を放つ役者がいた。
20年1本目。ここが基準点と言うことで4点。この作品おもしろいです。菅田将暉いいですねー、鶴瓶師匠もいい。飽きずに見れました。邦画もどんどん見ていきたいですね。
Rina

Rinaの感想・評価

3.2
もうちょっと頭脳戦的なのかと思いきや違った。菅田将暉はやはりイケメンだった。
>|