アルキメデスの大戦の作品情報・感想・評価・動画配信

アルキメデスの大戦2019年製作の映画)

上映日:2019年07月26日

製作国:

上映時間:130分

3.9

あらすじ

「アルキメデスの大戦」に投稿された感想・評価

CONAN2

CONAN2の感想・評価

4.0
主人公 櫂 直 が登場したあたりから グイグイ引き込まれ とても面白かったです~ ただ オチに疑問が残ります‥ いかにも後付け って感じで、説得力 リアリティーがなかった‥ そこが 残念‥
キョ

キョの感想・評価

3.9
大和建造へ踏み込んだの動機が見事だなと感じた。
設計者だからこそ完成させた時の高揚や誰よりも完成した戦艦を見たいという気持ちは強いのだろうな…それが設計者の性なのかもしれないな、と。
櫂直の本来の目的とは真逆へ行っているのに妙に納得してしまった。
終盤の敬礼シーンが櫂直の全てを語っていると思った。
つよ

つよの感想・評価

4.0
戦争が近付く日本、大型戦艦建造計画の見積額が甘すぎるので、建造費の妥当性を天才数学者に調べさせる。
戦艦大和が出来た理由。漫画原作なので本当にそうなのかわからないけど、なるほど。
小林克也さんさすが良い声。
映画に於ける音楽の重要さも分かる。
菅田将暉は素晴らしい俳優。でも観すぎて飽きてきたのは一時期のシャイア・ラブーフと重なる。
su

suの感想・評価

3.7
涙流して観た。
 超大型戦艦「大和」をつくるか否かで揉めまくるお話。監督は「ALWAYS 三丁目の夕日」などのヒットメイカー、山崎貴。

 玄人筋の山崎さんへの評価って「お前『永遠のゼロ』撮ったのだけはぜってえ許さねえかんな…でもまあ普通のエンタメ映画やってる時はちょっとオモロいし見逃してやるけど…」みたいなイメージ。

 ミーハー映画ファンの僕も大体そんな受け取りかたでしょうか。ちなみに「永遠…」もその他の評判悪いアニメ作品も観ていません。

 ちょいちょい分かりやすすぎ・誇張しすぎでシネフィルたちが発狂しそうな点もあるが。それでも料金分の充実感はしっかりとある。田中泯の、もうマンガってレベルの思想を語るのに白けさせない演技はさすが。

このレビューはネタバレを含みます

数学の観点から見る、比較的見やすい戦争映画。
凄惨なシーンが少ないのもいい。
戦艦大和が、沈むことを使命として作られた、という説はおもしろいなー。

なんで日本映画ってこんなに喋ってる声が聞きづらくて、SEとか怒鳴り声ばっかりおっきいんやろ。
だから見る気が起きやんねんなー。

このレビューはネタバレを含みます

【感想】
面白かった。戦争映画だけど、戦闘シーンは冒頭のみで、他はずっと人物描写だった。それでも続きが気になり目が離せない展開で良かった。
田中中尉が平山さんがカッコ良かった。

【ストーリー】
100年に1人の天才と言われた櫂直(かい ただし)
直は帝都大学に通っていたが、家庭教師先の教え子に手を出したという疑いをかけられ退学となる。
そして、ある料亭で山本五十六に声をかけられ、軍人になる。
目的は次の海軍母艦の予算で造船予定の平山案を否定すること。
山本はこれからの時代、海軍に必要なのは空母だと言い、嶋田、平山は大型母艦だという。
しかし、予算金額では平山案の方が安くこのままでは負けてしまう。
しかし、空母より砲台等の数が多いため、確実に高くなるはず。
それを暴くために、直は入隊し、見積の積算を行うことに。
しかし、相手の設計図、工程表、人数等が分からないため、見積積算ができない。その資料についても軍規に違反してしまうため、閲覧不可であった。
次に直は長門に乗り込む。
船の設計図を見つけ、覚えられる範囲で書き出し、長門の寸法をメジャーで測定。
それを元に1日で長門の設計図を完成。
そして、平山案の母艦は長門の1.3倍近くあり、その設計図も直は完成させる。
次に見積もりを作るためには単価表が必要。
色々な造船会社に頼み込むがどこも出してはくれなかった。
そして、尾崎の娘を呼び出し情報を聞くと大阪の方に協力してくれる人がいるかもしれないということで大阪へ。
そこの造船会社の社長に頼み込み、単価表や色々な船の見積を見せてもらう。
しかし、来週予定されていた会議が急遽明日の10時に変更となり、急遽帰ることに。
時間も無い中、直はある法則性を発見。
鉄の総重量がわかれば、金額を割り出せるというもの、
なんとか会議に間に合い、、数式の説明をし、平山案を廃案にさせることに成功。
しかし、平山はそんなことは敢えてしていたと伝えた。
そして、直は平山案の母艦に欠陥があることが判明。
結局その会議では山本案でいくこととなった。
しかし、直は平山に設計検討に使用した式を教えてほしいと尋ねてくる。
どうして敵である平山に教えなければいけないのか、そうは尋ねると平山はこの大型母艦大和は沈めるために造るということ。直も戦争反対派であり、平山もそうであった。消灯しますり
平山はアメリカと戦争したことで勝てる訳ないと、また平山はずっと考えていて、その時がいたらストックは要らないとおもうことを説明。
直は平山に助けてもらい、共に大和の空母を見つめる。
そして、平山は直に大和は沈めるために敢えて作った母艦だと説明。
アメリカとの戦争はほぼ、負けると予想。その時に日本を象徴する船が沈没すれば、日本人は絶望し早く白旗を挙げることができると願い、敢えて大和を造るのだと説明し、直はそれに賛同したのであった。
momoko

momokoの感想・評価

3.4
手触りこういう映画好きでワクワクしてたんだけど、意外と思ってたんと違った!(良い意味で)
櫂直みたいなキャラの人、高校生の時いたな〜、やたら数学好きで何かと数学にこじつける人(良い意味で)
はじめのシーンがあったから会議が終わってからもむずむずしてどうなるか勘ぐったけど、結局そういうことか!と驚かされた〜
平山のじいさんただのデタラメ野郎かと思ってたけど、そんなんじゃなくて1番日本のこと考えてたんだな〜って

菅田将暉の背後に出てくる数式がなんか好き
>|