KoutaroAkizuki

15年後のラブソングのKoutaroAkizukiのレビュー・感想・評価

15年後のラブソング(2018年製作の映画)
3.5
終始明るい雰囲気で、セリフにも演出にもセンスのいいユーモアが非常に多く、気分良く観ていられるラブコメディ。

『人生はいつでも何度でもリセットできる』という振り切ったテーマが随所に垣間見え、うまく行かなかったものを修復するのではなく、全て捨て去ってゼロから作り直していくような潔い展開には、いっそ清々しさを覚える。
一方で、それを受け入れられない人にとっては酷い映画という印象を与えそうではある。人を選ぶ作品かもしれない。

若きタッカー・クロウをカルト的に信奉する夫。それを毛嫌いする主人公が関係を持つのがタッカー・クロウ本人というトライアングルがユニーク。
芸術の価値はどこにあるのかという奥深い問題提起を感じる。

個人的にはクライマックスで安易にありがちな展開には持っていかず、徹頭徹尾テーマを貫いてくれたことに高評価。