15年後のラブソングの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

上映館(13館)

「15年後のラブソング」に投稿された感想・評価

【何年後でも素敵なイーサン・ホーク】

伝説的ロックシンガーを演じる、イーサン・ホークの魅力に尽きる。
音楽活動もせず、女性にだらしなく、母親の違う子供も何人かいるダメ男。
でも、息子に優しかったり、人当たりが良かったり。
正真正銘の憎みきれないろくでなしです。

そんな彼がひとたびピアノを弾きながら歌うと、瞬間とりこになってしまいます。
「ブルーに生まれついて」でのマイ・ファニー・ヴァレンタインも心に沁みるけど、イーサンの歌声はとにかく魅力的。
この映画の中でも、レコードやテープなど過去の音源から聞こえてくる曲も、とても良いです。
イーサンファン必見の作品です。

どんな役を演じても、イーサン・ホークらしい味わいを醸し出し、魅力あふれる役にしちゃう。
生まれついての役者なんでしょうね。
そんな彼を何年後でも敬愛し続けます。
なゆた

なゆたの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

イーサン・ホークのちょっと情けない中年男性元ロックシンガー感がめちゃよかった!
入院したときに家族が勢揃いするの面白すぎた
なんとなく過ごしてた日常から飛び出す勇気をもらえる話!
展覧会でお婆さんが言っていた、チャンスを逃し結局何も起きないまま今になったというセリフが印象的。
最も心に残ったセリフは、「芸術を生み出す人は自分に才能があるとは思わない人が多い。あなたがクソでも、僕にとっては大切なんだ。」
これ思わず聞いてて頷いちゃったなあ。
所沢

所沢の感想・評価

3.1
金曜日の夜、疲れた身体に一杯ひっかけてから観るのにはちょうどよかった。

代わり映えのしない毎日。
でもちょっとしたことで少しだけ光輝くこともある。
自分の人生に期待出来なくて、この気持ちを埋める何かを誰かを求めて、求めてほしくて、すがって欲しがって、失敗や迷いを繰り返し、信じて裏切られて偽物に気づいて。
その度に私を大切にする事を知る。

そんな日々はこれからもきっと続く。

ジャクソン役の子は今年ナンバーワン可愛い子役かもしれない。
サメリュック可愛かった☺️
正反対な男性との恋の話。
シックリと来なくなってきた現場を打破しようと勇気を出す物語。

大人の恋のシナリオが妙にリアルだったり、そこにロックスターを充てがうところがドラマチックで映画的、物語的だったり。

ラスト、どの選択肢を選ぶのか楽しみに観られる作品。

子役のアジー・ロバートソンが最高に可愛くて魅力的で、とても素晴らしい演技だった。

クリス・オダウドのオタク演技もリアル。

イーサン・ホークは変わらず、いつも通りに格好良い。
イーサン・ホークのタッカーが 
とにかく良い!

落ちぶれてて、ちょっと屈折してて、
でもカッコいい。そんな過去のミュージシャンに見事にハマっていた。 

最初と最後の
ダンカンの動画のコメントに笑った。
ドタバタコメディでありながら、自分の人生や生き方への問いかけをさりげなく促してくれる味わい深い作品。
何歳になろうが、リスタートは可能だ、という事を軽やかに伝えてくれる。

目の前にある見えない壁を乗り越えられない3人の男女。そんな大人になれない大人たちが変化していく様をリアルと滑稽さの絶妙なブレンドで描いている事が魅力。

●良かった点
メインキャスト3人の魅力。複雑な三角関係。

タッカー役イーサン・ホークが群を抜いて良い。
落ちぶれた元ミュージシャンという役にピッタリとハマっていた。
中年体型で冴えない感じがありつつも、溢れ出すミュージシャン感。ヒネくれて拗らせてる感じがありつつも、チャーミング。
このアンバランスな魅力はイーサン・ホークにしか出せないと思う。歌声も相変わらずにgood。

主人公アニー役のローズ・バーンは、どこか冴えない部分がありつつもキュートで良かった。ビューティフル。

ダンカン役クリス・オダウドは、自分勝手なオタクのダメな部分をギリギリコミカルに見えるように演じていて巧い。
自分の中のダンカン気質な部分も垣間見えたりして少し痛い、、

このメインキャスト3人のこんがらがった三角関係の設定が面白い。

作品全体を通して、オタクに対しての鋭い批評が含まれているが、その描写がズシっと刺さる。自分の価値観を他人に押し付けたりしていないだろうか?と、自問自答。

アーティストによって産み出された音楽は、アーティスト本人?それともリスナー?どちらのものなのか。という問いかけは、考えさせられる。

●悪かった点
明確な答えは提示されず、全てが丸く収まる結末ではないと思うので、明るく笑える派手なラブコメを期待してると違うかも、、

オタク気質だと、だいぶグサグサっと心に刺さるので心構えが必要かも、、

もし、イーサン・ホークが苦手という人であればオススメはしません、、
中盤までウトウトしてたけどそれからは普通に面白くて見れた。イーサンホークいい老け方で👍
samiam

samiamの感想・評価

3.5
本日3本鑑賞のラストは本作。
本日鑑賞の3本の中で一番面白かった。脚本が好き。(o^-')b

イーサン・ホーク演じるクズっぽいお父さん、いいわー。😁 ダメンズというのかね。息子が可愛いのなんの。🤗 訪ねてきたお嬢さんもいい。
ヒロインが特に素敵。ヒロインの同棲相手も、ヒロインの妹もいい味出して。結構笑わせてくれた。

本日の締めはこれで正解だった!
観れて良かったよ。😊

ところで、原題は本作の内容を表すのには難し過ぎるとはいえ、邦題適当過ぎるんでないかな。きっと批判浴びるよね。😁
setsudosha

setsudoshaの感想・評価

3.8
イーサン・ホークの存在はもはや罪!こんなに小汚くてお腹も出てるのに色気があるってどういうこと…今年50歳は嘘だ…

ちょっと面倒くさい大人たちのラブストーリー、こんな三角関係も悪くない。

学生時代みたいに、崇拝するミュージシャンにまみれて暮らす生活も悪くない!
‪中年の拗れた恋、いいっすねぇ…‬
‪期待通りにとても良い映画でした!上品で微笑ましい純粋なラブコメで、ローズ・バーンに本当に癒されます。‬
‪僕がこれくらいの年になっても、こんな風に刺激的な日々を送りたいな。大人の恋愛映画は落ち着いて観れて、大好きです。‬