AS

百年の蔵のASのレビュー・感想・評価

百年の蔵(2018年製作の映画)
3.6
休日昼間に民放特番でも観ているような感覚、佐藤B作の物腰柔らかなナレーションがまたそんな雰囲気を増長。硬質なドキュメンタリーを期待していた自分としてはやや戸惑いながらの鑑賞となってしまったが、先人らへの鎮魂歌としての側面もありそうな大祭の場面で人々が徐々に一体化していく姿は圧巻。
とりあえずは、時間経過と無関心が反応し合うと事実が曲がった状態で伝播してしまうという戒めとして本作を受け止めておきたい