MasaichiYaguchi

ダンスウィズミーのMasaichiYaguchiのレビュー・感想・評価

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)
3.8
矢口史靖監督が原作・脚本も手掛けたオリジナル最新作は、ヒロイン・鈴木静香がある切っ掛けで「歌わずに踊らずいられないカラダ」になってしまい、元に戻ろうと奮闘する様を懐かしいヒットナンバー、キレッキレのダンス、そして笑い一杯に描いていく。
日本でミュージカルというと、劇団四季を代表とする舞台公演は年代を問わず広く認知されているが、邦画では殆どなく、近年の作品では「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」、そして「モテキ」「舞子はレディ」が思い浮かぶ。
ただ劇中の台詞にあるように、突然、歌い踊り出すミュージカルの持つ特徴は全く興味の無い人にとっては違和感以外の何物でもない。
本作は、そういった特徴を逆手に取ってユーモアや笑いを生み出していると思う。
そして、このミュージカルコメディは斬新さだけでなく、主演の三吉彩花さんをはじめ、やしろ優さんらのキャスト達が若さ弾ける歌唱とダンスで魅了し、それら若手キャストを日本映画のレジェンド・宝田明さんが包み込むように支える。
作品自体は、静香が元通りになる為に“元凶”となった人物を探し求めるロードムービーなのだが、彼女には別の目的で同様にその人物を追い掛ける“連れ”がいて、恰も弥次喜多道中のように賑やかに繰り広げられる。
この道中では様々に訳ありの人々と出会い、旅を劇的に彩っていくのだが、
それらの出会いや触れ合いの中で、静香は過去も含めて自分と向き合い、背伸びしない、飾らない、本当の自分に気付いていく。
果たして彼女は、“元凶”に辿り着き、カラダを元に戻すことが出来るのか?
最初から最後まで楽しい歌とダンスに溢れた本作の鑑賞後、劇場を出る時に思わずステップを踏む人が出そうな気がする。