えりみ

ダンスウィズミーのえりみのレビュー・感想・評価

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)
3.9
邦画でオリジナル作品、というだけで加点😉その上試写会なので甘口😃
ワーナーと矢口監督が初タッグを組んで挑戦したミュージカル映画💃🎦
「スウィングガールズ」(未見)にもミュージカルシーンを入れたかったがプロデューサーに「邦画で中途半端にミュージカルに手を出すと大火傷する🔥」からと止められ泣く泣く断念した、という経緯があったらしい。
「催眠術により音楽を聞くと歌い♪踊らずにはいられない💃」という設定を考えついた❕事により突然歌い踊る必然性😆😂が担保され、小さい頃からタモリさんにより「ミュージカルは変🤨」という刷り込みを受けた笑っていいとも世代でも違和感無く観られる邦画ミュージカルが完成🎬
キラキラ✨したミュージカルシーンが実は…な現実感ある演出が矢口作品って感じでツボにハマったw
HIPHOPダンスバトルにLDHをキャスティング出来れば完璧😅

それでも「ミュージカル映画なんか絶対観ない!」ていう人には
「20代女子が歌い踊りながら自分探しするロードムービー🚗」て紹介してあげればイイと思う😋
主役の三吉彩花は悩める勝ち組OL。バレエ系ダンスが映える✨手足が長さとモデル出身のスタイルの良さ😮は文字通りまわりのOLから頭1つ飛び抜けていた。
懐かしのTV番組『新春かくし芸大会』を彷彿とさせるシーンが見どころ😁
主役を喰ったやしろ優が本作のMVP🏆歌って踊れるのは当然、モノマネを封印して演技で泣かせる。玉葱を丸齧りするシーンはホンマに催眠術にかかってるとか😲
テラスハウス📺見てないからよう知らんけど、ストリートミュージシャンの役にchay。そのままやけど女優デビュー作で爪痕残してきた、キャスティングの勝利👗
「サバイバルファミリー」では東京から西へ移動したのでバランスを取ってか?、今回は東京から新潟へ後は北へ北へ🚗。今回もオールロケとの事。
新潟の方言が懐かしかった、新潟市内や弥彦村でロケしたみたい😊新潟でウーハー族が流行ってるかどうかは❓
フェリーに乗って函館まで来たら札幌へ。スーパー北斗もチラッと🚊
ん⁉アレ?深水元基‼??😲😲
ムロツヨシは想定内やったけど😏

「女子供の自分探しなんて…」という中壮年期の映画ファンには、
「御年84歳!ギャレスゴジラでは出演シーン全カットになった😭宝田明がキーパーソンとして55年振りに歌い踊り笑わせる。四十代以上にしか分からない懐かしのメロディ全開🎶」
山下久美子のTonightが一番新しいかも(アレンジが違うんで全然気づかんかった💧)1991年
狙いうち
夢の中へ
年下の男の子
タイムマシンにおねがい
ACT-SHOW(スペクトラム)
このあたりは全部70年代やし
ウェディング・ベル(Sugar)は1981年
Happy Valley(オレンジペコー)は2002年か
とにかく2019年の映画とは思えないくらいオールドスクールな匂いプンプンしてるけど、
一時間半ちょっとやしお盆シーズンに爺婆親子三世代一緒に安心して観られるはず♨エンディングの群舞もお見逃しなく😉