蜜柑

ノーマーク爆牌党の蜜柑のネタバレレビュー・内容・結末

ノーマーク爆牌党(2018年製作の映画)
1.5

このレビューはネタバレを含みます

爆牌や爆守備などの技?はそれなりに上手く表現できたと思います。
が、残念ながら良い点はそのくらいでした。

ストーリーや登場人物の思考にまるで一貫性がなく、作品としての出来はとても悪いなと思いました。
なぜなら、原作の細かいネタやシーンをテキトーに集めてくっつけて無理矢理、ストーリーを作っているからです。
これでは、人物の個性も引き立たないし、作品としてのメッセージ性も生まれません。

細かいことを言ってしまえば、
・ダラダラとやる鉄壁の就活シーンは明らかにいらない
・なぜか鉄壁に爆牌・ドラを打たせた挙句、原作で爆岡があがっている手をそのまま映画で鉄壁にあがらせている
・役者の問題か、人物の喜怒哀楽があまり伝わってこない

などなど本当にアラが目立つ作品でした。
僕はノーマーク爆牌党は本当に好きなので、これを映画化してくれたという事実だけに対してスコア1.5をつけています。

他は加点要素が見当たりませんでした。
作品自体は大好きなので、だからこそ、もう少しストーリーや見せ方を考えてほしかったという残念な気持ちです。