Junkei

ROMA/ローマのJunkeiのレビュー・感想・評価

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)
4.4
Netflixに加入してないので、観ることを諦めていたら近くの映画館でやりだした。とてもありがたい。
これは映画館で集中して観る作品だと思う。家のテレビで観ていたら楽しめただろうか。

1970年のメキシコ。家政婦として働くの女性クレオを中心に雇っている家族の日常とその時代をきれいなモノクロで描く。

いわゆる音楽はなく、鳥や犬の鳴き声、車のクラクションの音、そして飛行機の音がうるさいくらいになっている。
で、波の音。これが恐怖だった。あのシーンのワンカットでどうやって撮ったのだろ。ホントに溺れているようにみえた。

家族と家政婦の日常をゆっくり描いているけれど、それぞれに激動で、退屈することはない。
抑えていた感情が、徐々にふくらんでいく。結局、たっぷり感動した。

映画館を出たあと、見慣れた風景が違って見えた。目にうつるものを意識して観る感覚。久しぶりにそんな感覚を味わえる文学作品だった。